セラミック治療の相場をご存じですか?

「セラミック治療は、なんだか高そう…」と思ったことはありませんか?
そこで今回はセラミック治療の相場や価格についてご説明します。

保険診療と自費診療の違い

セラミック

歯科には保険診療と自費診療の2種類あります。 この2つの大きな違いは、患者様の負担額が異なることです。
保険診療の場合は、70歳未満の方3割、70~74歳の方は2割、75歳以上の方は1割の治療の費用を負担することになっています。これは歯科治療だけでなく、全ての保険適用の医療費がこのような仕組みになっています。
一方、自費診療というのは、治療費を患者様が全額自己負担、つまり10割負担することをいいます。セラミック治療はほとんどがこの自費診療です。そのため、一般的に行われている保険が適用される診療よりも自費診療は患者様ご自身の負担する金額の割合が大きいので、費用が高くなります。しかし、保険診療では治療に使用できる素材や治療法が限られていますが、自費診療の場合は患者様に合った素材を選ぶことができるため、治療後の満足度の高い治療を受けることができます。

 

素材の種類と価格相場

ジルコニア

治療の価格は使用する素材の種類や治療方法によって異なります。セラミックを使用する治療は主にインレーとクラウンの2つです。インレーとは歯を削った部分にする詰め物のことで、クラウンは、治療で歯を大きく削った部分につける被せ物のことです。欠損した一部分を補うインレーより歯の全体を覆うクラウンの方が高額になります。

素材の種類ごとの価格相場は以下の通りです。

【保険適用可】
保険が適用される素材を使用する治療は2千~1万円程度です。
・銀歯
金銀パラジウム合金という金属を使用した素材です。主に奥歯の治療で使われます。金属でできているため強度がありますが、時間が経つと金属が溶けて歯茎の変色や、金属アレルギーを起こすことがあります。
・レジン
白いプラスチック素材です。歯に色が似ているので見た目がいい仕上がりになります。強度があまりないので、噛み合わせが強い方は割れてしまう可能性があります。

【保険適用外】
・オールセラミック
オールセラミックは、名前の通りパーツの全てがセラミックでできています。審美性に優れているセラミックの中でも最も美しいとされ天然歯のような色合いであるのが特徴です。
価格の相場は、インレーで4~5万円/本、クラウンで10~15万円/本程度です。
・ジルコニアセラミック
「人工のダイヤモンド」とも呼ばれ、セラミックの中で最も硬く耐久性に優れています。
価格の相場は、インレーで5~7万円/本、クラウンで8~12万円/本程度です。
・ハイブリットセラミック
レジン(歯科治療用のプラスチック)にセラミックの粉末を混ぜたものです。 審美性は劣りますが、セラミックの中では比較的安価であるのでセラミック治療を受けたいが費用を安く抑えたいという方におすすめです。
価格の相場は、インレーで3~4万円/本、クラウンで8~10万円/本程度です