セラミック治療にデメリットはあるのか

セラミックには銀歯にはない優れたメリットがあります。
一方で、残念ながらいくつかのデメリットもあります。
そのため、セラミックのメリットとデメリットをどちらも理解した上で、検討することが大切です。

では、セラミック治療における2つのデメリットをご紹介します。

費用が高額である

セラミック


セラミック治療は審美性を高めるために行うことから、保険が適用されないため、銀歯に比べて治療費が高額になってしまいます。

 

割れやすい

ジルコニア

セラミックは強度が高いのに、割れやすいという特徴があります。
その特徴はお茶碗に似ていて、硬くて簡単には割れませんが、お茶碗を高い所から落としたり、大きな力を加えたりすると割れてしまうように、衝撃や大きな力が加わると割れてしまう恐れがあります。

例えば、普段の食事や生活で簡単に割れてしまうことはありませんが、歯ぎしりや食いしばりといったお口の癖をお持ちの方は注意が必要です。
食いしばりや歯ぎしりは、非常に強い負荷を長時間に渡ってかけてしまいます。
このような癖があると、本来は長持ちするはずのセラミックの寿命を縮めてしまう原因となります。
そのため、「奥歯に使用するものは強度が高いセラミックを選ぶ」「就寝中には歯ぎしり防止のためにマウスピースを装着する」といった対策をとることが必要です。

最近では、金属と同等の強度があり人工ダイヤモンドとも言われるジルコニアという素材を使用したセラミック治療もあり、確かに割れにくい作りなのですが、歯よりも硬いため、噛み合わせの歯がジルコニアによって傷つけられてしまう恐れがあります。

歯ぎしりや食いしばりはセラミック治療のみならず、お口の健康を保つ上でも好ましくない癖であるため、治療の前に歯科医師に相談し、適切な対策をとることが大切です。