セラミック治療の流れ

セラミック治療は、審美性や耐久性、機能性に優れており、多くの人が選択するようになってきています。ここではそんなセラミック治療の流れについてわかりやすく解説します。

カウンセリング

セラミック

セラミック治療もカウンセリングから始まります。治療に関する疑問や不安は、この時点で解消しておきましょう。どのような色、形にしたいのかも細かくお伝えください。

診査・診断
お口の中を診査して、どのような状態にあるのかを把握します。その上で、最適といえる治療法をご提案します。ごく稀ではありますが、診断を下した時点で何らかの問題が見つかった場合、その他の治療法をご案内することもあります。いずれにせよ治療計画を立案し、患者さまの同意が得られたら治療を開始します。

 

歯を削る

ジルコニア

セラミックの詰め物や被せ物を装着するために、歯を削ります。どのくらい削るかは、症例によって異なります。

仮歯を装着する
歯を削ったら、まずは仮歯を装着します。いきなり最終的なセラミック歯が入るわけではありませんので、この点はご注意ください。

精密な歯型取り・セラミック歯の装着

セラミック

仮歯を装着することで、歯茎の状態も整っていきます。セラミック歯の理想的な形態も予測できるようになったら、精密な歯型取りを行います。それをもとに最終的なセラミック歯を製作および装着して、セラミック治療は完了です。