保険適用でセラミックの歯にするのは可能?

虫歯治療のあとにセラミック歯を装着する場合、原則として保険が適用されません。審美性や耐久性、機能性まで保険診療で追求してしまうと、医療費がかさんで国の財政を圧迫してしまうからです。とはいえ、「白い歯」で保険が適用される部位は徐々に増えつつあります。ここではそんな保険で入れることができる白い歯の特徴や種類、適応部位などをわかりやすく解説します。

保険の白い被せ物はセラミックではない?

セラミック

保険適用される白い歯は、厳密にいうとセラミックではありません。専門的には「ハイブリッドセラミック」もしくは「ハイブリッドレジン」と呼ばれる素材で、その名の通りセラミックと歯科用プラスチックであるレジンの両方が配合されています。

 

ハイブリッドセラミック(強化型レジン)とは?

ジルコニア

ハイブリッドセラミックは、セラミックとレジンの中間的な性質を持つ素材といえます。審美性や耐久性、機能性は純粋なセラミックに劣るものの、一般的なレジンよりは優れています。費用に関しても、セラミックより安価であるため、保険が適用されるのでしょう。現状、純粋なセラミックで保険が適用されるケースはありません。

ハイブリッドセラミックのデメリット

セラミック

本来のセラミック(ポーセレン)と比較すると、ハイブリッドセラミックには以下に挙げるようなデメリットがあります。

摩耗によってかみ合わせが悪くなる
ハイブリッドセラミックは、どちらかというとプラスチック系の材料であり、噛んでいくうちに摩耗してきます。人工歯がすり減ると、かみ合わせ甘くなるなどの症状が現れます。

変色によって審美性が低下する
レジンは、経年的な変色が起こりやすいです。汚れや臭いを吸着しやすいという性質もあり、長く使っていく中で審美性は低下します。口臭の原因になることもあります。

セラミックより外れやすい
歯質との適合がセラミックほど高くないため、寿命は比較的短いです。これは、セラミックよりも虫歯の再発率が高いことも意味します。

 

小臼歯(前から4、5番目の歯)

ジルコニア

ここまで、解説してきた保険の白い歯は「CAD/CAM冠(キャドキャムカン)」と呼ばれるものです。コンピューターを使って詰め物・被せ物の設計から削り出しまでを行うシステムで、保険の範囲が徐々に広がっている治療法でもあります。実は、コンポジットレジンや硬質レジン前装冠なども、一定の条件を満たした上で入れられる保険の白い歯として挙げられます。

CAD/CAM冠

オールセラミック

ハイブリッドセラミックを用いた被せ物です。コンピューター上で被せ物の設計から製造までを行います。

コンポジットレジン

ジルコニア

歯質の欠損部に充填して、光で固める素材です。比較的軽度の虫歯に使われます。歯と同じような白色を呈しています。型取りをする必要がなく、その日のうちに治療が完了します。

硬質レジン前装冠

ハイブリッドセラミックインレー

金属の土台にレジンを盛り付けた被せ物です。正面から見ると、金属色が隠れます。これも部位によっては、保険で入れることができる白い歯です。

   

保険でできる白い歯の部位

治療する歯の部位によって、保険でできる白い歯の種類も異なります。

前歯(1、2、3番目の歯)

前歯は、最も高い審美性が要求される部位であり、保険でも硬質レジン前装冠が入れられます。ただ、裏側は金属であり、セラミックのような透明感は期待できません。歯茎との境目に黒ずみが生じたり、金属アレルギーのリスクがあったりするなど、一般的な銀歯と同じようなデメリットを備えている被せ物です。

   

小臼歯(4、5番目の歯)

色調を揃える

小臼歯は、白い歯であるCAD/CAM冠を保険診療で選択することができます。いわゆる銀歯と比べると、審美性が大きく向上することから、選択する人が増えている被せ物です。それでもなお銀歯を選択する人は一定数います。それはCAD/CAM冠があくまでプラスチック系の材料であり、「強度が劣る」「歯を削る量が増える」「外れやすい」「銀歯より値段が高い」などのデメリットがあるからです。ちなみに、保険の銀歯は3割負担で3,500~4,000円程度、CAD/CAM冠は7,000~8,000円程度となっています。

大臼歯(上下の6番目の歯)

型取り

これまで大臼歯は、保険診療で銀歯しか入れることができませんでした。それが一定の条件を満たした場合、下の6番目の歯が保険適用となり、2020年4月には、上の6番目の歯にまで適用範囲が広がりました。

 

【2020年4月】白い被せ物の保険適用が拡大

ジルコニア

保険適用の範囲が広がった白い被せ物は、以下の条件を満たすことで治療を選択することができます。

6番目の歯が保険適用される条件

メンテナンス

前から6番目の歯である第一大臼歯に保険の白い被せ物を入れるためには、7番目の歯(第二大臼歯)が4本とも残っている必要があります。

金属アレルギーがある場合

女性悩む

銀歯を構成する歯科用合金の中に、アレルゲンとなる金属が含まれている場合も6番目の歯のみならず、7番目の歯も白い被せ物を選択できます。ただし、治療を受ける際には金属アレルギーの診断書が必要となります。

すべての部位に保険の白い歯を選択できない理由

歯

ここまでの解説でもわかるように、実は前から5番目の歯までは無条件で白い歯を選択できます。いずれもセラミックによる治療ではないため、最低限の審美性や機能性、耐久性しか確保できないものの、“金属色がむき出しになる”というデメリットは解消できます。それなら、6番目以降の歯も無条件で保険適用されるべきでは?と思われる方も多いことでしょう。

実際、そのような流れになってきているのですが、大臼歯は噛む力が強いため、ハイブリッドセラミックのCAD/CAM冠では十分な機能を果たせないのが現実です。7番目の歯が残っていれば、噛む力が分散されるので、CAD/CAM冠でも対応可能となるのです。けれども、CAD/CAM冠はジルコニアのような強度の高い材料ではないため、自ずと再治療のリスクも高まります。

保険の白い被せ物の種類と値段

ブラッシング

最後に、保険診療で入れることができる白い被せ物の種類と値段の目安を掲載しておきます。治療選択の参考にしてください。

硬質レジン前装冠:約8,500円
CAD/CAM冠(小臼歯):約7,000円
CAD/CAM冠(大臼歯)約7,500円

まとめ

セラミック

このように、保険で入れられる白い歯は、厳密な意味でセラミックではありません。どちらかというと歯科用プラスチックであるレジンに近い材料であり、さまざまなデメリットを持っている点に注意しましょう。もちろん、従来の銀歯と比較すると優れた点も多々見られるので、治療法を選択する際には、歯科医師としっかり相談することをおすすめします。