ラミネートべニアの寿命について

ラミネートべニアの平均的な寿命は、10~20年ほどと言われています。
しかし、治療からしばらくすると徐々に劣化が進行します。その後何かのきっかけではがれてしまうことがあり、平均的な寿命より前に不具合が起こる場合もあります。

歯ぎしりや噛み合わせの癖などによってラミネートべニアを付けている部分に強い力が加わると、シェルの一部が欠けてしまったりはがれてしまいます。

また、もともとラミネートべニアが歯の表面とうまく接着していない場合にもシェルが外れてしまったり、壊れてしまうことがあります。

ラミネートべニアの寿命を長くするには、自分の噛み合わせなどの癖を改善したり、定期的に来院していただきメンテナンスをすることが大切です。