セラミック治療における5つのメリットをご紹介します。

様々なお口のトラブルを予防
金属アレルギーの方でも治療可能
天然の歯のような見た目
長持ちする
補綴物の精度が高い

セラミック治療における5つのメリット

セラミック

〇様々なお口のトラブルを予防
・むし歯や歯周病の予防
セラミックは、表面がツルツルとしていて歯垢がつきにくいため、虫歯や歯周病を予防することができます。 金属も表面はツルツルとしていますが、唾液の成分により微弱な電気を帯びているため、歯垢がつきやすく、むし歯や歯周病の原因となってしまいます。 また、金属は温度変化によりセメントと呼ばれる金属を固定する部分が壊れ、隙間から細菌が入り込むことで虫歯が再発することもあります。(二次むし歯) むし歯が既に大きくなってしまっていたり、かなり奥まで侵攻した状態になっていると、削ったり抜かなければならない場合もあります。 このように、金属にはむし歯や歯周病、二次むし歯のリスクがあります。 一方、セラミックは温度変化の心配もなく歯垢もつきにくいため、これらのトラブルを予防することができます。

〇金属アレルギーの方でも治療可能
金属アレルギーの方は、銀歯による治療ができません。 一方、セラミックの場合は陶器でできており、金属アレルギーの方でも安心して治療していただけるため、金属アレルギーの方にとって最も有効な治療方法であると言えます。

〇天然の歯のような見た目
・目立たない
セラミックは、天然歯に近い見た目を再現し、自然な色・形に仕上げることができます。 天然歯のように自然な光沢や透明感が得られることから、前歯に使用しても自然でほとんど目立ちません。 歯は少し黄色がかった部分もあり、真っ白というわけではありません。 従来のプラスチックの場合は、真っ白なため、不自然に目立ってしまいます。特に前歯の場合は、笑ったり、話しをしたりする際に色の違いが目立ってしまいます。 セラミックは、そのような心配がありません。特にオールセラミックは天然の歯と見間違えてしまうほどの美しさです。

〇長持ちする
・変色や劣化しにくい
プラスチックの場合、時間が経過するにつれて黄色に変色してしまう可能性があるため、 長期間使用することには不向きで、定期的な取り替えが必要になります。 一方、セラミックの場合は、プラスチックのように取り替える必要がなく、時間が経過しても色の変色がほとんど見受けられません。 また、セラミックは変色が起こりにくいだけでなく、劣化しにくいのが特徴です。そのため、銀歯に比べて二次むし歯になるリスクが低く、長く使い続けることができます。

・強度
人工ダイヤモンドとも言われるジルコニアという素材を使用すると、金属と同等の強度が実現できます。

・寿命が長く、傷つきにくい
セラミックも永久に使用はできないですが、銀歯に比べて寿命は遥かに長いのが特徴です。銀歯の寿命は一般的に5年ほどと言われていますが、セラミックは10年以上使用することができます。 また、銀歯は表面に細かな傷がつきやすいため、表面に汚れが付きやすくなってしまいます。一方、セラミックは硬くて傷がつきにくいため、銀歯に比べて汚れがつきにくいのが特徴です。

〇補綴物の精度が高い
・最新技術によるオーダーメイドの治療が可能
最近は、歯の模型をスキャナーで読み取ったデータをもとに、CADCAMというコンピュータで設計から製作までを行う機械を使用するのが一般的です。 CADCAMで設計・製作した補綴物は、思い通りの形に仕上げることができるため正確性が高く歯にぴったり合います。そのため、実際に取り付けた時の違和感を大きく軽減することができます。