ラミネートベニアとは

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、前歯の色見・歯並び・形が気になる部分を出来る限り薄く削り、薄いセラミックシェルを接着剤で接着する治療方法です(被せ物に使うセラミッククラウンとは違います)。従来型とは違い当院の進化型のラミネートベニアは大きく天然歯を削ずることなく審美的な治療を行うことが可能です(従来法の様に削って処置することも可能です)。
従来の方法では天然歯の切削が必要でしたが進化型では大きく歯を削らなくても審美性を実現することが可能になりました。

従来法と進化型の違い

  • 大きく歯を削る従来型のラミネートベニア

    従来型のラミネートベニアは、
    大きく歯を削る必要がある。

  • 大きく歯を削る必要がないラミネートベニア

    進化型のラミネートベニアは、
    大きく歯を削る必要がありません。

当院ラミネートベニアの
6つの特徴

当院のラミネートベニアは美容・審美専門の歯科医師が担当します。前歯を短期間で美しい白い歯を実現させる治療法です。当院のラミネートベニアの特徴を6つご紹介します。検討する上でこのポイントを抑えることで、キレイな前歯を実現、維持していただけます。

  • 進化型ラミネートベニアのため最小限な歯の切削量であること

    歯の切削量が最小限な進化型ラミネートベニア

    ラミネートベニアは歯の表面を削り、セラミックシェルを貼り付ける治療方法です。当院のラミネートベニアは進化型のため、歯を削る量を最小限に抑えることが出来ます。歯の切削量が少ないと、身体への負担が少ない上に自分の歯である天然歯を多く残すことができます。

  • 体に負担が少ない治療である

    侵襲性の低い身体に負担が少ない治療法

    歯を可能な限り削らないということは侵襲性が低い、つまり身体への負担が少なく健康的で安全性が高いということです。見た目がキレイになりたくてラミネートベニアを受けたのに、身体に悪影響を及ぼしてはいけません。従来型のラミネートベニアは削る量が多いため身体への負担が大きくなりますのでご検討ください。

  • 衛生的な材料であること

    衛生的で長持ちするセラミックを使用

    当院のラミネートベニアは全てオールセラミックを使用しております。安いラミネートベニアは、プラスチックとセラミックが混ざったハイブリッドセラミックの可能性があります。プラスチックが入っているということは、変色リスクや汚れが付着しやすかったりと様々なリスクやデメリットがあります。当院では変色リスクがなく汚れが付着しにくいセラミックだけを使ったオールセラミックをラミネートベニアに使用しております。つまり、細菌が繁殖しにくく口腔内を清潔に保つことができラミネートベニアも長持ちさせることができます。

  • 衛生的な材料であること

    セラミック専門の審美歯科医院

    当院はセラミック専門の美容・審美専門歯科医院です。セラミックを制作する歯科技工所もセラミック専門の技工所と提携し、高品質で低価格なセラミックシェルをご提供できます。

  • 初回無料カウンセリング

    初回無料カウンセリング

    当院では美容・審美専門の院長が初回無料でカウンセリングを実施します。歯をキレイにしたいけどどんな治療方法があるのか?それぞれメリットは?デメリットは?費用や期間は?など自由にご質問いただけます。

  • 保証期間がある

    保証期間があること

    当院では、セラミックには保証期間がついております。当院は高品質低価格なセラミックをご提供しているとはいえ安い治療ではありません。安心して治療を受けていただくため、当院では保証期間を設けております。

こんな人におすすめ

ラミネートベニア


・短期間で歯並びを治したい
・前歯の見た目が気になる
・前歯の色見を変えたい
・歯の形やサイズが気になる
・歯を白くしたい
・前歯がねじれていたり傾いている
・前歯が出ていたり(出っ歯)、引っ込んでいる
・前歯が生まれつき変色している
・前歯が生まれつき小さい(矮小歯)
・前歯にまだら模様や縞模様のような変色がある
・一般的なホワイトニング治療では理想の白さにすることができない


ラミネートベニアと相性が良い症例

  • 着色歯、失活歯(神経のない歯)、変色歯(テトラサイクリン歯、黒ずんだ歯、黄ばんだ歯、茶色い歯など)の改善
  • すきっ歯(正中離開、空隙歯列)の改善
  • 生まれつき小さい歯(矮小歯)の改善
  • 前歯のねじれ(捻転)の改善
  • ブラックトライアングル(前歯歯間部の三角の隙間)の改善
  • プラスチック治療(コンポジットレジン樹脂の治療)で修復してある歯の改善
  • 前歯の歯列不正(デコボコや不揃い)の改善
  • 形態不良の歯(欠けている歯、すり減りで薄く透けてしまっている歯、酸食歯など)の改善
  • ホワイトニングよりも白くキレイな歯にしたい方

ラミネートベニアができない方

  • 重度の歯周病の方※歯周病治療を行いラミネートベニアができるようになる可能性があります。
  • 歯の表面を削りますので、一般的な虫歯治療を受けられないような方

ラミネートベニアのメリット・デメリット

メリット

  • 通院回数・治療期間が短い
  • 歯並び・歯の色・歯の形まで改善できる
  • 後戻りしない
  • 部分的に歯並びを改善できる
  • セラミックの被せ物より安価

デメリット

  • 歯の表面を薄く削る必要がある
  • 前歯だけの適応となる
  • 一部治療が出来な方がいる

ラミネートベニアの
治療の流れ

繊細な技術を要するラミネートべニア治療には以下の治療流れがございます。

  • 01

    初回無料カウンセリング

    当院では初回は美容・審美歯科専門の院長が無料でカウンセリングを行います。今の歯の状態、理想、ご予算などご希望をお気軽にご相談ください。ラミネートベニア以外にも、セラミック矯正などの治療法がございますので、患者様のご希望に最適な治療法をご提案し説明いたします。まずはお気軽にご予約ください。

    初回無料相談
  • 02

    検査

    お口の中のお写真やレントゲンなど検査を実施します。この時点で虫歯や歯周病等がある場合には、虫歯・歯周病治療を優先して行う場合があります。

    検査
  • 03

    治療計画

    改めて、検査結果をもとに診断し治療計画をご説明します。歯の状態によってはラミネートべニア以外の方法が最善の場合もございます。患者様にとって最も良い治療法をご提案いたします。

    カウンセリング
  • 04

    治療開始

    歯の表面を削り、セラミック・シェルを表面に貼るために、歯の表面を0.3mm〜0.5mm程度削ります。その後、歯型を採ります。1~2週間後にセラミック・シェルが完成した後には、強力な接着剤と光をあて固定します。

    治療開始
  • 05

    調整

    接着したセラミックの余剰な接着剤を外し、磨いて終了になります。周囲の健全な歯とほとんど見分けがつかない、自然な歯が完成します。

    調整
 

ラミネートベニアの症例

当院で扱ったラミネートベニア治療での症例です。
その他セラミック・セラミック矯正等々、様々な症例にも対応しております。よろしければ、ご参考にしていただければと思います。

CASE01

前歯のラミネートベニア×2本

前歯(2番)のラミネートベニアを2本治療しました。

治療前 ケース1の治療前
治療後 ケース1の治療後
期間
1か⽉
(通院回数2~3回)
費用
66,000円×2本
(手数料0円24回払い:月々5,500円)