セラミックインレー(詰め物)について

セラミック

セラミックインレーとは、虫歯がある箇所を削りそこへセラミックを詰める治療法です。
見た目的にあまり良くない黒い金属の詰め物と置き換えることが可能で、セラミックインレーはとても注目されています。
この方法であれば、見た目を白くて歯の本来に近い状態にすることができます。そのため、セラミック部分が目立たないのが特徴です。
セラミックインレーは決して安いとは言えませんが、自然の歯の色に近く摩耗しにくいですし、汚れにくく、変色しにくい点もメリットです。

 
ジルコニア

銀歯が気になっている方、見た目を自然な歯と変わらない形にしたいという方でしたら、セラミックインレーは最適と言えます。

銀歯の詰め物を、セラミックの見た目がキレイな詰め物に変えることが可能です。下あご部分の銀歯は想像以上に目立つため、それが気になるという方も少なくありません。その場合、セラミックなら見た目が本来の歯と近いため目立ちません。

銀の詰め物は経年劣化で銀の詰め物と接着しているセメントの間に隙間ができてしまい、虫歯になりやすいのがデメリットです。反対にセラミックインレーは経年劣化が少なく、歯にしっかり接着できるので虫歯のリスクが低いです。

一度虫歯治療した個所が再び虫歯になってしまうことを「二次カリエス」と言いますが、二次カリエス予防に効果的なのがセラミックインレーです。