前歯のセラミック治療

今回は前歯のセラミック治療についてご紹介します。
前歯が虫歯になってしまったり怪我で欠けてしまった場合や、前歯の色、形、歯並びを直したい場合にはクラウン治療(被せ物・差し歯)を行います。セラミックを用いることで透明感のある美しい仕上がりになり、天然歯と変わらない見た目にすることができます。

こんな方におすすめ

セラミック

このような方にはセラミック治療を行うことをおすすめします。

・前歯の形、歯並びを直したい
・出っ歯、すきっ歯が気になる
・歯が事故などで欠損してしまった
・歯並びを直すのに時間をかけたくない
・歯を白くしたい
・前歯がむし歯になってしまった

 

前歯のセラミックの種類と特徴

ジルコニア

前歯の治療に使用するセラミックにはいくつか種類があります。

・オールセラミック
審美性に特に優れている素材なので、以前から前歯のセラミック治療にはよく使用されています。白く透明感のある美しい仕上がりとなりますが、耐久性が低いというデメリットもあります。

・ジルコニア
人工のダイヤモンドと呼ばれるほど硬く耐久性に優れている素材です。オールセラミック比べて透明感が劣るため以前は奥歯で使用されることが多かったですが、近年は技術が進歩し美しい仕上がりとなり前歯の治療の際にも使用されるようになりました。

・ハイブリットセラミック
プラスチックとセラミックを混ぜた素材です。天然歯と非常に近い硬さであるので周囲の歯を傷つけず、変色しづらいというプラスチックとセラミックの利点を兼ね備えています。純粋なセラミックには劣りますが比較的安価でキレイな仕上がりになります。

・メタルボンド
メタルフレームと呼ばれる金属の土台の上からセラミックをつけたものです。
表面のセラミック部分はオールセラミックなので透明感のあるキレイな仕上がりになり、金属を使用しているので金属アレルギーのある患者様は使用できない場合があります。