「セラミック治療を受けたいけれど、どのくらいの期間が必要かわからなくて手をだせない」
「セラミック治療がどういう流れで進むかわからない」

こうしたお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
ここでは、セラミック治療がどのように進み、どのくらいの期間を必要とされるのかご説明します。

治療期間と治療の流れは、セラミック治療には、セラミッククラウン、セラミック矯正、セラミックインレー・セラミックアンレーといった治療方法によって異なります。

セラミッククラウン

セラミック


STEP1:カウンセリング・精密検査
 患者様のご希望を伺いながら、治療についてご説明します。銀歯をセラミックに変えたい患者様、クラウン(被せもの)を作り直したい患者様の場合は、検査を実施して現在使用している被せもの下で虫歯が再発していないか確認し、必要に応じて治療を行います。

STEP2:歯の形成
 患者様ご自身の歯が残っている場合には、歯を削って形を整え、クラウン(被せもの)を被せます。一方で、根管治療などにより歯が十分に残っていない場合には、「コア」と呼ばれる人工の土台を設置し、その上にクラウン(被せもの)を被せます。

STEP3:仮歯の装着
 噛み合わせや歯茎の状態を安定させるために、仮歯を装着して様子をみます。クラウン(被せもの)と歯の境目が段差なく滑らかであるかを確認します。歯茎の健康状態を保ったまま、クラウン(被せもの)が患者様の歯のように見えるよう、調整を行います。

STEP4:クラウンの型取り・作製
 患者様の患部の型取りと噛み合わせの確認を行ってクラウン(被せもの)を作製します。

STEP5:クラウンの設置
 完成したクラウン(被せもの)を装着し、しっかり歯茎に安定しているかを確認して、治療が完了します。

治療期間は、虫歯がない場合は、カウンセリングからクラウン装着まで、おおよそ3週間~4週間かかります。虫歯があった場合は、治療も含まれるため、それ以上の期間が必要です。

 

セラミック矯正

ジルコニア


STEP1:カウンセリング
今のお悩みや治療を行う上で不安な点、そしてなりたい理想のお口元などを伺いします。

STEP2:治療プラン立案
カウンセリングで伺った内容をもとに、治療計画とお見積りを立案します。

STEP3:施術
理想の歯並びに整えるために、歯を削ります。必要に応じて神経処置を行うこともあります(麻酔を使用するため、痛みはありません)。 また、前歯1本~2本の処置の場合は、セラミック矯正と周囲の歯の色味を合わせるため、ホワイトニングを行うこともあります。

STEP4:仮歯の装着
仮歯を装着し、その状態で数日過ごして頂きます。噛み合わせに違和感がないか、色や形、質感などに違和感がないか等チェックしていただきます。仮歯の間で歯並びの印象をしっかりご確認いただき、調整を行います。

STEP5:セラミック矯正を装着
仮歯でOKをいただいた後、本番用のセラミック作製します。

出来上がったセラミックを装着し、全体を整えてすべての施術が完了です。治療期間は一般的に2か月~3か月ほどかかります。

セラミックインレー

セラミック


STEP1:カウンセリング
 患者様のお悩みとご希望を伺い、治療についてご理解いただいた上で開始します。

STEP2:銀歯を外す
 すでにある詰め物を外します。もし現在詰め物(銀歯など)の下で虫歯が進行している場合には、このタイミングで治療を実施します。

STEP3:歯の形成・色調の確認
 詰め物が入る患部の形を整えます。同時に患者さまご自身の歯の色調を確認し、詰め物として入れるセラミックと天然歯の色に違和感がでないよう調整します。

STEP4:型を取る・修復物作製
 セラミックの詰め物を作製するため、患部の型取りを行い、歯科技工所にて修復物を作製します。

STEP5:セラミックインレーの装着
 詰め物を接着します。接着する前には噛み合わせなどの確認を行い、最終的な仕上げを行って治療は完了します。

治療期間は、虫歯がない場合は、カウンセリングからクラウン装着まで、おおよそ3週間~4週間かかります。虫歯があった場合は、治療も含まれるため、それ以上の期間が必要です。