セラミックは保険治療で行えるのか

セラミック

セラミックの治療は残念ながら保険適用外なため、保険治療では行えません。保険診療ができる一般歯科は「機能の改善」を目的としており、見た目の美しさを求めることができません。
そして、保険治療で認められている治療範囲には限りがあるために、セラミックの材料を使うことが不可能です。その代わりとして、プラスチック(レジン)や銀歯を使うことになります。

 
ジルコニア

しかし、プラスチックは見た目もあまり良くないですし、吸水性があり臭いがついてしまったり、変色したしするのがデメリットです。

美容を目的としている審美歯科や矯正歯科では基本的に保険を使わない治療法を行っているため、自由診療という形を取っているのです。

一般歯科の保険治療では取り扱っていないセラミックの材料は、「噛む機能」と「審美性」の両面を併せ持つとても優れた素材と言えます。本来の白くて美しい歯の本来の形に近い自然な色、透明感、ツヤのある歯を作ることができるのが審美歯科です。見た目の美しさにこだわった治療を行っているため、きれい、美しくなりたいという方には、審美歯科は非常に適しているでしょう。