セラミック歯はどのくらい持つ?セラミック治療の寿命や長持ちさせる方法を解説

セラミックの歯は、見た目が美しく、かみ心地も優れているため、お口の中に入っている銀歯やレジン歯と交換したいと希望される方は少なくありません。セラミックは、金属アレルギーのリスクにもならない材料なので、一度入れたらできるだけ長持ちさせたいものですよね。それだけに、セラミック製の歯の寿命がどのくらいあるのか、気になる方も多いようです。ここではそんなセラミックインレーやセラミッククラウンの寿命や長持ちさせる方法などをわかりやすく解説します。

セラミック製の歯の寿命

セラミック

セラミック製の人工歯は、詰め物であるインレーと被せ物であるクラウンの2種類があります。それぞれ形態や適応症が異なることから、寿命にも違いがあります。

 

セラミックインレーの寿命

ジルコニア

e-MAXインレー

セラミック

現在、スタンダードになりつつあるセラミックインレーです。審美性や強度に優れており、人工歯としての寿命は10~15年程度となっています。ケアをしっかり行うことで、寿命はさらに延びていきます。

 

ハイブリッドセラミックインレー

ジルコニア

ハイブリッドセラミックとは、歯科用プラスチックであるレジンと歯科用陶材であるセラミックを組み合わせた材料です。純粋なセラミックと比べると強度や安定性などに劣ります。平均的な寿命は7~8年となっています。

ジルコニアインレー

オールセラミック

ジルコニアは、人工歯ダイヤモンドとも呼ばれる素材で、極めて高い強度を誇ります。使用していく中で割れることはないのですが、接着に用いた歯科用セメントが劣化することで、寿命を迎えることが多いです。ジルコニアインレーの寿命は10年程度となっています。

セラミッククラウンの寿命

ジルコニア

オールセラミッククラウン

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックのみで構成されたクラウンです。セラミック治療の中で最も審美性に優れた被せ物といえます。ただし、“強い衝撃を受けると割れやすい”というセラミック特有の性質があるため、寿命は8~10年程度となっています。

   

メタルボンドクラウン

金属の土台を作った上で、セラミック材料を盛り付ける治療法です。審美性や生体安全性はオールセラミッククに劣るものの、強度においては優ります。とはいえ、歯科用合金が土台となっていることから、寿命は8~10年程度となっています。

ジルコニアクラウン

極めた強度が高く、強い力がかかる奥歯にも頻繁に用いられている被せ物です。色調の面でオールセラミックに劣りますが、割れにくい、摩耗しにくい、材料であり、寿命も15年程度と比較的長くなっています。

   

その他の人工歯の寿命<

色調を揃える

小臼歯は、白い歯であるCAD/CAM冠を保険診療で選択することができます。いわゆる銀歯と比べると、審美性が大きく向上することから、選択する人が増えている被せ物です。それでもなお銀歯を選択する人は一定数います。それはCAD/CAM冠があくまでプラスチック系の材料であり、「強度が劣る」「歯を削る量が増える」「外れやすい」「銀歯より値段が高い」などのデメリットがあるからです。ちなみに、保険の銀歯は3割負担で3,500~4,000円程度、CAD/CAM冠は7,000~8,000円程度となっています。

銀歯

型取り

銀歯は、歯科用合金からなる保険診療の被せ物です。セラミックの歯と比べると、審美性や歯質との適合性、生体安全性などに劣ります。治療後のケアの状況にもよりますが、銀歯は装着から3~5年持てば良いと言われるほど、寿命が短い装置です。

 

硬質レジン前装冠

ジルコニア

金属の土台にプラスチックであるレジンを盛り上げた被せ物です。メタルボンドのセラミックの部分がレジンで構成されている被せ物と表現したらわかりやすいかもしれませんね。保険が適用されるため、費用を安く抑えることができるのですが、寿命は3~5年程度といわれています。

セラミック歯の寿命が長い理由

メンテナンス

セラミック歯は、保険診療の銀歯やレジン歯と比べると、明らかに寿命が長くなる傾向にあります。その理由は、以下の通りです。

材料としての安定性が高い

女性悩む

ここまでの解説でもわかるように、実は前から5番目の歯までは無条件で白い歯を選択できます。いずれもセラミックによる治療ではないため、最低限の審美性や機能性、耐久性しか確保できないものの、“金属色がむき出しになる”というデメリットは解消できます。それなら、6番目以降の歯も無条件で保険適用されるべきでは?と思われる方も多いことでしょう。

実際、そのような流れになってきているのですが、大臼歯は噛む力が強いため、ハイブリッドセラミックのCAD/CAM冠では十分な機能を果たせないのが現実です。7番目の歯が残っていれば、噛む力が分散されるので、CAD/CAM冠でも対応可能となるのです。けれども、CAD/CAM冠はジルコニアのような強度の高い材料ではないため、自ずと再治療のリスクも高まります。

歯とぴったり適合する

歯

人工歯の寿命を大きく左右する要因としては、歯質との適合性が第一に挙げられます。どんなに優れた材料でも、歯と間にすき間があったら容易に外れてしまいます。虫歯の再発リスクも上昇します。その点、セラミックは歯質と緊密に適合させることが可能なので、自ずと人工歯としての寿命も長くなるのです。

汚れが付着しにくい

ブラッシング

セラミックの表面には、汚れがつきにくいです。細菌の温床となる歯垢や歯石が形成されにくいことから、虫歯・歯周病のリスクも低下します。これもまたセラミック歯の寿命が長くなる理由のひとつといえます。

セラミック歯の寿命を縮める原因

セラミック

ここまで、セラミック歯がどのくらい長持ちするか解説してきましたが、以下に挙げるような要因が加わると、寿命が大きく縮まることがあります。

歯との適合状態が良くない

ブラッシング

セラミックは、レジンや金属と比較すると、歯質との適合性が高い素材といえます。セラミックは歯質とぴったり合うよう、精密に加工できますし、装着の際には特別な接着剤を用いることができるからです。ただし、適合性の良し悪しは、歯型取りの精度、詰め物・被せ物を作り上げる歯科技工士の技量、装着時の操作などによって大きく左右されます。そうした治療プロセスのいずれか一つにでもエラーが生じると、セラミック歯の寿命は短縮されてしまうのです。

虫歯の再発

セラミック

虫歯が再発したら、セラミック歯が外れる、あるいは外さなければならなくなります。セラミック歯自体がどんなに美しく、正常な状態を保っていたとしても、その下に異常が発生したら治療を優先せざるを得ないからです。セラミック歯の虫歯の再発リスクは比較的低くなっていますが、歯との適合性が悪い、セルフケアが不十分だと、歯質とのすき間に細菌が侵入しやすくなります。

不十分なセルフケア

ブラッシング

これはセラミック歯に限ったことではありませんが、セルフケアが不十分だと虫歯リスクが上昇して、人工歯の脱離、あるいは撤去を余儀なくされます。また、硬い歯ブラシでゴシゴシと力強く磨く習慣があると、歯茎が下がって歯根面が露出してしまいます。その結果、セラミック歯との境目が虫歯になったり、歯との適合性が悪くなったりするなどして、寿命を迎えることもあります。

歯の神経を取っている

セラミック

セラミック歯を入れる前に、歯の神経を取っている場合は、通常よりもセラミック歯の寿命が短くなりやすいです。いわゆる“抜髄(ばつずい)”処置を施すと、歯が脆くなって歯根が割れるなどのトラブルが起こりやすくなります。ですから、歯の神経を取っているケースでは、セラミック歯はもちろんのこと、歯そのものの寿命も短くなることを知っておきましょう。

歯ぎしりの習慣がある

ブラッシング

歯ぎしりや食いしばりなどのブラキシズムがあると、セラミック歯の寿命は縮まります。セラミックは、強い衝撃や圧力がかかると割れることがあるからです。ブラキシズムがあることがわかっている場合は、セラミック以外の材料が推奨されることもあります。

セラミック歯の寿命を延ばす方法

セラミック

セラミック歯の寿命を延ばす方法は、寿命を縮める要因を一つひとつ取り除いていくことが有効です。

精密なセラミック治療を受ける

ブラッシング

診査・診断、歯の形成、被せ物の製作、装着に至るまで、すべてを精密に行ってくれる歯科医医院に治療を任せましょう。当院であれば、治療の各プロセスの精度を限界まで高め、最高の形で歯質にセラミック歯を装着することができます。

虫歯を再発させない

セラミック

虫歯を再発させないために、セルフケアを徹底しましょう。同時に、歯科医院でのメンテナンスやプロフェッショナルケアも継続することが大切です。セラミック歯の状態を正確に把握するためには、レントゲン撮影が有効です。

歯ぎしりを改善する

ブラッシング

歯ぎしりや食いしばりなどの悪習癖がある人は、早期に改善しましょう。歯科医院では、ナイトガードを用いた治療を受けることができます。日常生活でも意識的に歯ぎしり・食いしばりを抑える努力をする必要があります。

まとめ

セラミック

このように、セラミック歯の寿命はその他の人工歯より長くなっています。治療後のケアを徹底し、寿命を縮める要因を一つひとつ取り除くことで、セラミック歯をさらに長持ちさせることも可能となります。いつまでも美しく、健康な状態を保てるよう、適切なケアを継続していきましょう。

その他、更に詳しく知りたい方はこちら

過去のお知らせ・コラム