セラミック歯はどのくらい持つ?セラミック治療の寿命や長持ちさせる方法を解説

ここ最近よく聞くようになったセラミック治療、虫歯治療で歯を削った方や歯の形・並び・色を変えたい方にはオススメの治療となっております。セラミックの歯は、見た目が美しく、汚れがつきにくく、着色もせず、金属アレルギーのリスクもなく、かみ心地も優れているため、ご選択いただく患者様やお口の中に入っている銀歯やレジン歯(プラスチック)と交換したいと希望される患者様が増えてきております。このセラミック治療は、保険が適用せず全て保険外治療(自費治療)となります。ですので、「長く使いたい」そう思う方がほとんどかと思います。当院では、しっかりとメンテナンスを行っていただく方は「10年保証」と他院様より長く保証期間を設けておりますが、自費治療であればそれ以上の期間使っていきたいものです。そこで、今回はこのセラミックの歯の寿命や長持ちさせる方法についてお話ししていければと思います。

セラミック製の歯の寿命

セラミック

そもそも人工歯は大きく2つに分かれます。インレーと呼ばれる詰め物と、クラウンと呼ばれる被せ物です。それぞれ、適応する症状も違えば、インレーで使う素材、クラウンで使う素材などがありますので、特長も違えば寿命も違います。

 

インレー(詰め物)の寿命

インレー(詰め物)には、大きく4つの種類があります。メタルインレー(銀歯)、ハイブリッドインレー、e-maxインレー(セラミックインレー)、ジルコニアインレーです。下記それぞれの寿命について記載いたします。

メタルインレー(銀歯)

メタルインレー(銀歯)

いわゆる銀歯と呼ばれる唯一の保険適用のインレーです。銀は唾液で溶けて銀イオンに変化し体内に吸収され金属アレルギーへ悪影響を及ぼすともいわれております。また、みなさんもご存じかと思いますが銀は叩けば平になっていきます。人間の噛む力は思いっきり噛めば約70㎏といわれており、銀歯は噛めば噛むほど形が変化していきます。上記2点より、最初は良くともその状態と長く維持することはできず、虫歯が再発したりします。メタルインレーの寿命ですが装着から3~5年持てば良いといわれております(メンテナンスや口腔内状況によります)。

 

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレーとは、歯科用プラスチックであるレジンと歯科用陶材であるセラミックを合わせた材料です。全てがセラミックで出来たe-maxインレー(セラミックインレー)には見た目(色)・強度では劣りますが、その分費用が安価になります。理由は、セラミックは水分に強く着色もありませんが、混じっているプラスチック(レジン)は色の変化(着色)が起こるのと水分に弱い性質のためです。元々の自分の歯(天然歯)の硬さは400MPaといわれていますが、ハイブリッドインレーは200~250MPaと約半分ほどです。平均的な寿命は7~8年といわれております(メンテナンスや口腔内状況によります)。

e-maxインレー(セラミックインレー)

e-maxインレー(セラミックインレー)

現在、スタンダードになりつつあるe-maxインレー(セラミックインレー)です。見た目(色・審美性)や強度に優れております。汚れも付きにくく、着色もせず、虫歯の再発も起きにくい素材です。 元々の自分の歯(天然歯)の硬さは400MPaといわれていますが、e-maxインレー(セラミックインレー)は400MPaとほとんど同じです。平均的な寿命は10~15年といわれております(メンテナンスや口腔内状況によります)。メンテナンスをしっかり行えば一生持つともいわれております。

ジルコニアインレー

ジルコニアインレー

ジルコニアインレーは、人工ダイヤモンドとも呼ばれる素材で、ロケットの外壁にも使われており極めて高い強度を誇ります。硬さは1300MPaといわれており、使用していく中で割れることはないのですが、向かい合っている歯(対合歯)を傷めてしまうリスク、接着に用いた歯科用セメントが劣化することで、寿命を迎えることが多いです。ジルコニアインレーの寿命は10年程度といわれております(メンテナンスや口腔内状況によります)。メンテナンスをしっかり行えば一生持つともいわれております。

セラミッククラウンの寿命

クラウン(被せ物)には、大きく5つの種類があります。メタルインレー(銀歯)、硬質レジン前装冠、ハイブリッドクラウン、e-maxクラウン(セラミッククラウン)、ジルコニアクラウンです。下記それぞれの寿命について記載いたします。