セラミックの歯で後悔しないために知っておくべきデメリットや失敗するリスク

セラミック治療は、銀歯やレジンによる治療と比較すると、極めてたくさんのメリットが得られます。それだけに、セラミックの詰め物・被せ物を装着したいと希望される方も多いのですが、治療後に後悔する人も一定数いらっしゃいます。ここではそんなセラミックの歯で後悔しないために知っておくべきデメリットや治療が失敗するリスクについてわかりやすく解説します。

セラミック歯のデメリットを把握しておくべき理由

セラミック

セラミックは、多くのケースで推奨できる素晴らしい材料です。ただ、良い面ばかりが認知されてしまい、セラミックが持つデメリットを理解せずに治療を受けてしまう人も少なくないのです。どんなに優れた治療でも必ずメリットとデメリットの両方があります。それらをしっかり理解した上で治療を選択しなければ、セラミックの歯を入れたことを後悔してしまうことになります。

 

セラミック治療のデメリット

ジルコニア

セラミック治療には、以下に挙げるようなデメリットがあります。

健康な歯を削る必要がある

セラミック

詰め物・被せ物を装着する際には、必ず歯を削ります。それは銀歯もレジン歯も同じです。ただ、セラミック歯は、少し多めに歯を削らなければならないという点を知っておいてください。陶材という性質上、破折などを免れるため、詰め物・被せ物に厚みを持たせる必要があるのです。

 

強い力がかかると割れる・欠ける

ジルコニア

歯科用陶材であるセラミックは、とても硬い材料ですが、強い力がかかると割れる。あるいは欠けることがあります。これはセラミック製のお皿をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

保険が適用されないので費用が高い

オールセラミック

セラミック治療には、原則として保険が適用されません。そのため、治療にかかる費用は高くなります。一定の条件を満たしたケースでは「ハイブリッドセラミック」と呼ばれる材料を保険で使用することができますが、純粋なセラミックとは異なります。

セラミック歯にも寿命がある

ジルコニア

セラミックは、経年的な変色や摩耗が起こりにくく、美しい状態を維持しやすいのですが“ 一生もの”というわけではありません。セラミック歯にも寿命があり、いつかは新しい人工歯に取り換えなければならないのです。もちろん、ケースによっては一生涯、使い続けることも不可能ではありません。

歯ぎしり食いしばりに弱い

ハイブリッドセラミックインレー

3ストレスの多い現代社会では、歯ぎしりや食いしばりを日常的に行っている人も少なくありません。そうしたブラキシズムと呼ばれる悪習癖は、セラミック歯に過剰な圧力を加えることで、破折や脱離を招くことがあります。

   

歯の神経を取らなければならないことがある

セラミック歯は、ある程度の厚みを確保しなければならないため、歯を形成する過程で歯髄の露出が避けられないこともあります。そうしたケースでは、セラミック歯を被せる前に歯の神経の治療を行うこととなります。

理想の色を出せないこともある

歯の色は、個々人によって違いが見られます。また、色の見え方や価値観などにも個人差があるため、セラミック歯を理想の色に仕上げられないこともあります。また、残った歯の色調の変化や追加で行った被せ物の治療などによって、セラミック歯が逆に目立つようになることもあり得ます。

   

セラミック歯の色に合わせてホワイトニングするのは難しい

色調を揃える

歯のホワイトニングを検討中の方は、セラミック歯を入れる前に施術することをおすすめします。ホワイトニング後の天然歯の色にセラミック歯の色調を近づけることは、比較的容易だからです。逆に、セラミック歯の色に合わせてホワイトニングすると、色の不調和が生じやすくなります。

知っておきたいセラミック治療の具体的な失敗例

型取り

ここまで、セラミック治療に伴うリスクやデメリットを解説してきましたが、具体的にどのような失敗例があったのかもご紹介します。

 

セラミック歯が歯ぎしりで割れた

ジルコニア

私たちの噛む力は、とても強いです。食事の際には噛む力がコントロールされているだけでなく、歯列間に食物が介在しているため、歯が割れるということはまずありません。一方、無意識に行われる歯ぎしりは制御が効いておらず、クッションとなる食物も介在しません。そのため、男性では60~80kg程度の圧力が歯や顎にかかると言われています。そうした歯ぎしりを軽視してしまったがゆえに、セラミック歯が割れてしまった症例があります。

かみ合わせが悪くて歯茎が退縮した

メンテナンス

人工歯は、見た目を美しく仕上げることも大切ですが、噛む機能を正常に回復させなければ元も子もありません。セラミック治療によって装着した被せ物の高さに不具合があると、歯茎に過剰な負担がかかって炎症を引き起こします。これを専門的には「咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)」と呼び、歯茎を退縮させてしまうのです。その結果、歯根がむき出しとなり、審美性が大きく低下することとなります。

セラミックを被せた歯が虫歯になった

女性悩む

セラミック歯は、銀歯やレジンの歯と比べると、虫歯になりにくいです。これはセラミック歯が歯質と緊密に適合する人工歯であり、表面に汚れが付着しにくい性質も備えているからです。けれども、虫歯のリスクがゼロというわけではありません。セラミック歯を装着後、セルフケアやメンテナンスを怠れば、当然、虫歯を再発します。セラミックは虫歯になりにくい、という安心感が逆に口腔衛生状態の低下を招くこともあるため要注意です。ちなみに、セラミック治療で用いたセメントも必ず経年的な劣化が起こります。セメントの溶解によって生じたすき間に虫歯菌が侵入すれば、再感染も起こり得ます。

神経近くまで形成したため歯髄炎を発症した

歯

セラミック治療中や治療後に、歯髄炎の症状が現れることがあります。これは神経近くまで歯を形成したケースに認められるもので、軽度であれば経過観察で済みますが、症状がおさまらない場合は、神経の治療が必要となります。

加齢による歯肉退縮で見た目が悪くなった

ブラッシング

加齢による歯肉退縮は、誰にでも起こり得るものです。セラミック歯を入れた時点では、とても美しい状態に仕上がっていたのですが、数年後に歯茎が下がって見た目が悪くなるケースもあります。

セラミック治療で失敗・後悔しないための対策法

セラミック

上述したようなケースでは、セラミック治療を受けたことに後悔する人もいらっしゃいますが、事前にそのリスクやデメリットを理解しておけば、諸々のトラブルを回避することも可能です。今現在、セラミック歯を検討中の方は、治療で失敗・後悔しないためにも、以下のような対策をとりましょう。

審美治療の経験豊富な歯科医師を選ぶ

ブラッシング

セラミック歯に代表される審美治療の精度は、歯科医師の技術力に大きく左右されます。診療実績が豊富な歯科医師に治療を任せるようにしましょう。

歯ぎしりは事前に治す

セラミック

歯ぎしりや食いしばりなどの習慣がある人は、セラミック治療を受ける前になおしておくことをおすすめします。口腔習癖は、セラミック歯の寿命を明らかに縮めます。歯茎や顎関節にも多大な悪影響が及ぶため、ブラキシズムは改善するに越したことはありません。

メンテナンスを受けて正常な状態を保つ

ブラッシング

どんなに優れたセラミック治療を受けても、その後のケアやメンテナンスが不十分だと人工歯にトラブルが生じます。定期的な歯科検診を受けて、正常な状態を保つよう心がけましょう。

費用の内訳まできちんと聞いておく

セラミック

セラミック治療の費用面で後悔したという人も少なからずいらっしゃいます。当初説明されていた金額と違う、追加の処置が必要になって治療費がかさんだ、など、セラミック治療の失敗とは異なりますが、金銭面で納得のいかなかったケースもあるようです。そうしたトラブルを未然に防ぐためには、カウンセリングの段階で費用の説明をしっかり受けておくことが大切です。費用の内訳まできちんと説明してくれるのが良い歯医者といえるでしょう。

まとめ

ブラッシング

このように、セラミック治療にも失敗や後悔を伴うことがあります。確かにセラミック歯は、優れた面の多い治療法ですが、決して万能ではないという点も知っておいてください。セラミック治療で失敗、あるいは後悔しないためにも、どのようなデメリットやリスクがあるのかは、事前に把握しておくことをおすすめします。

その他、更に詳しく知りたい方はこちら

過去のお知らせ・コラム