セラミックの差し歯がとれてしまった場合

セラミック

セラミックの差し歯がとれてしまう原因としては、歯の削り方や、型をとる技術、かぶせ物の精度、接着剤の強度に問題のあることです。そのため、土台となる歯の削り方、削る量に問題があったとすれば、上に被せるセラミッククラウンが外れやすくなるのです。セラミッククラウンを作るときには歯型をとりますが、この型が、クラウンの仕上がりに非常に大きな影響を与えます。ですので、技工士が被せ物を作りやすいよう、かなり丁寧に型取りすることが大切になります。

 
ジルコニア

当院では、そのようなセラミックの差し歯がとれてしまうということがないように、ドクター全員が適切な歯の削り方を日常的に勉強し、さらには、優秀な技工士と連携して精密な差し歯やかぶせ物を作っているため、通常の使用でとれてしまうということがありません。セラミックの差し歯にせっかくするわけですし、患者様に不自由な思いをさせないというのが当院のモットーです。そのこともあって、当院ならば、安心して患者様に治療を受けていただけます。安心してセラミックの差し歯をつけられるように、当院で施術を受けていただくことをおすすめいたします。