セラミック治療の種類

ひと言でセラミック治療といっても、実はいくつかの種類があります。ここではそんなセラミック治療の種類をわかりやすく解説します。

インレー・クラウン

セラミック

最もスタンダードなセラミック治療は、インレーとクラウンです。一般的には詰め物・被せ物と呼ばれる修復物で、皆さんも容易にイメージできることかと思います。どちらを選択するかは、歯の欠損の大きさによって変わります。欠損部が比較的小さい場合はインレーで対応し、大きい場合はクラウンとなります。

 

ラミネートベニア

ジルコニア

歯の表面にセラミックのチップを貼り付けるラミネートベニアもセラミック治療の一種といえます。こちらは歯の欠損というよりは、歯の形や大きさ、歯列内のすき間などを改善したい場合に適応される治療法です。歯を削る量はほんのわずかです。

セラミック材料の種類

セラミック

セラミック治療では、以下に挙げるような種類の材料を用います。
◎オールセラミック
セラミックのみを用います。審美性が極めて高い材料です。

◎ハイブリッドセラミック
レジンとセラミックを混合した材料です。審美性や耐久性はオールセラミックに劣りますが、費用が比較的安いというメリットがあります。

◎ジルコニアセラミック
ジルコニアは、人工ダイヤモンドとも呼ばれる材料です。セラミックの一種ではありますが、強い衝撃にも耐えられることから、ほとんどのケースに適応できます。

◎メタルボンド
メタルボンドは、外側をセラミック、内側を金属で製作する被せ物です。土台も金属であり、割れることがほとんどありません。セラミックによって審美性も確保することが可能です。