ファイバーコアについて

ファイバーコア

ファイバーコアのコアとは、歯根(歯の根っこ)の強度をあげるために歯根を削って土台としてしん棒を入れるものです。従来しん棒の材質はほとんどが金属だったのですが、最新技術のグラスファイバーを用いたものがファイバーコアです。そのファイバーコアには下記のメリットがあります。

・色が白くかぶせ物をした際に透明感が出てキレイ
・歯ぐきや歯の根っこが黒ずむことがない。
・硬さが歯の根っこに近くてしなる性質があり、根っこが割れる可能性が低くなる。
・金属アレルギーがない

このようなメリットがあります。

 
技工

反対にファイバーコアのデメリットは下記になります。

・歯根の残ってる量が少ない場合治療できない。
・保険が適用されず5,000円(税別)の費用がかかる。
これらがデメリットです。しかし、海外でのファイバーコアは評価が高く、海外のファイバーコアの歯科臨床医は、

●ファイバーコアを使うと上部の修復物の審美性が10倍向上する。(ゲーリー・M・クラッツ)

●これを応用した修復物の仕上がり、寿命、機能性は他のシステムを超える。操作性が高く、適合性に優れ、他とは比較にならない審美性がある。(スティブン・クルツィオレック)

●従来からあるコアとなんら劣るところがなく、審美性はナンバーワンだ。(ブルース・スモール)

●負荷に応じて弾性があり、あたかも歯牙と一体となったような統合性がある。(アラン・フリードラー)

●その柔軟性から歯牙にやさしく、歯に最も近い。システムとして予知性が高く患者さんが受け入れやすい。(ウィリアム・ワイン)

●むずかしい審美性が要求されるところに容易に応用できる。(ブルース・クスリピン)

と高評価を得ているのです。