ワイヤー矯正とマウスピース矯正の特徴を比較

大人が受ける歯列矯正は、ワイヤー矯正とマウスピース矯正の2つに大きく分けられます。今回はそんなワイヤー矯正とマウスピース矯正の特徴について比較していきます。

ワイヤー矯正の特徴

ワイヤー

ワイヤー矯正は、歯列に矯正用ワイヤーとマルチブラケットを装着する治療法です。装置が複雑な構造を呈しており、目立ちやすく、異物感や違和感も大きいのですが、ほとんどの症例に適応できるという利点があります。比較的強い力で歯を動かすため、重症度の高い歯列不正も改善できるのです。ワイヤー矯正の装置は、固定式で患者さまが取り外すことはできません。

 

マウスピース矯正の特徴

マウスピース

マウスピース矯正は、樹脂製の透明なマウスピースを装着して歯を移動する治療法です。装置が目立ちにくく、装着時の違和感や異物感が少ないという利点があります。比較的弱い力で歯を移動させるので、治療に伴う痛みや不快感も少ないです。ただし、ワイヤー矯正ほど適応範囲が広くないため、症例によってはマウスピース矯正を選べないこともあります。

治療に求める優先順位を決めておく

ホームケア

矯正法にはいくつかの種類があり、それぞれに利点と欠点が存在しています。ですから、すべてにおいて優れた矯正法はありませんので、あらかじめ治療に求める優先順位を決めておくことが大切です。