矯正治療の種類について

歯並びを治す矯正には、いくつかの種類があります。適応年齢によって分類すると、小児矯正と成人矯正の2種類が挙げられます。さらに、ワイヤー矯正やマウスピース矯正など、矯正装置の種類によっても分類することが可能です。

小児矯正と成人矯正

ワイヤー

小児矯正は、発育途上にある子どもが受ける矯正治療です。顎の発育を正常に促すことが主な目的です。一方、成人矯正は大人が受ける矯正治療で、顎の発育が完了していることが条件です。そのため、成人矯正には原則として年齢制限がありません。

 

ワイヤー矯正とマウスピース矯正

マウスピース

ワイヤー矯正は、大人が受ける成人矯正の一種です。歯列にブラケットとワイヤーを設置して歯を移動します。ほとんどの症例に適応できるスタンダードな矯正治療です。

マウスピース矯正はマウスピース型の矯正装置を用いて歯並びを整える治療法です。マウスピースは透明な樹脂で作られており、装着しても目立ちにくいというメリットがあります。適応範囲はワイヤー矯正ほど広くはありませんが、いろいろな歯並びの乱れを治すことができます。

その他の矯正治療

ホームケア

矯正治療には他にも部分矯正や外科矯正など、特殊な種類も存在しています。それぞれ適応症が異なるため、まずは矯正医のカウンセリングを受けることをおすすめします。