静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法

当院では、静脈内鎮静法を活用した「眠っている間に終わる無痛セラミック治療」をオプションで行っております。静脈内鎮静法とは、治療に伴う不安や恐怖心、緊張などを和らげるために行う文字通り静脈経由で鎮静剤を投与する処置です。「歯を削るのが怖い」「歯医者さんが苦手」といった歯科治療への恐怖心が強い方に適した精神鎮静法です。静脈内鎮静を行うと眠っているインプラントのような外科処置を伴う治療では、広く活用されています。

◎静脈内鎮静法で用いられる薬剤 静脈内鎮静法では、「ミダゾラム」「プロポフォール」といった鎮静剤を用います。投与する量は、患者さまの年齢や体重、体調などに応じて細かく調整します。

静脈内鎮静法の3つの特徴

当院ではオプションで使う静脈内鎮静法ですが、3つの特徴があります。

  • 無痛でセラミック治療が可能

    無痛でセラミック治療が可能

    治療を行う際は表面麻酔・局所麻酔・静脈内鎮静を行うため、痛みを感じることなく無痛で治療を受けていただくことが出来ます。

  • 意識がないので恐怖心が生じない

    意識がないので恐怖心が生じない

    歯医者は痛みだけではなく音やにおいで怖さを感じることがあります。静脈内鎮静を行うことで、ほとんど眠ったような状態になり、また治療中の記憶がない人がほとんどです。

  • 複数箇所の治療を短期間で行える

    複数箇所の治療を短期間で行える

    静脈内鎮静でウトウトしている間に、一気に治療を行うことが出来ますので、短期集中治療が可能です。

こんな人におすすめ

セラミック


・歯医者が苦手な方
・歯科恐怖症のある方
・嘔吐反射に悩まされている方
・完全な無痛治療を希望される方
・多忙で継続的な通院が困難な方
・複数箇所の治療を短期間で完了させたい方

静脈内鎮静法の効果

セラミック

静脈内鎮静法の効果は、全身麻酔ほど強くはありません。意識を失うことはなく、歯科医師からの呼びかけにも応えることが可能です。ただ、半分眠ったような状態となるため、恐怖心や不安感が芽生えることはなく、リラックスした状態で手術等に臨むことができます。

セラミック治療・セラミック矯正に伴う痛みは、局所麻酔で取り除くことができます。しかし、ドリル(タービン)を回転させる音や振動などは鮮明に感じ取ることができるため、不安感が高まる気持ちもよく理解できます。その結果、血圧や呼吸に乱れが生じれば、治療にも悪影響が及ぶことがあります。

静脈内鎮静法を行えば、精神を安定させる効果が期待できるため、安全かつリラックスした状態で治療を受けられます。実際に静脈内鎮静法で治療を受けた方は「気付いたら治療が終わっていた」「ウトウトしていてあまり覚えていない」といった感想を持たれることが多いです。これは治療中の記憶が残りにくい「健忘作用(けんぼうさよう)」による影響も大きいです。

静脈内鎮静法が効かないこともある?

セラミック


静脈内鎮静法が効かないのでは?と不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。その点はご安心ください。当院では、必ず局所麻酔・静脈内鎮静による鎮静効果を確認してから治療を開始します。十分な効果が得られないまま治療が始まることはありません。

静脈内鎮静法は、安全性が確立された鎮静法です。インプラントを始めとした歯科治療では、広く活用されている方法であり、安心してご利用いただけます。治療中の緊張や恐怖心を和らげることは、治療を安全に遂行する上でも重要なので、不安がある方はお気軽にご相談ください。

静脈内鎮静法と全身麻酔の違い

セラミック

全身麻酔は、自発呼吸が不可能になる処置です。人工呼吸器による呼吸管理が必須となるため、静脈内鎮静法とは根本的に異なる処置だとお考えください。全身麻酔では当然、意識もなくなります。その他、意識が正常な状態に戻るまでの時間が長かったり、入院が必須となっていたりするなど、静脈内鎮静法とは異なる部分が多々あります。

◎静脈内鎮静法
意識の有無:あり
自発呼吸の有無:あり
入院の必要性:なし
回復するまでの時間:早い

◎全身麻酔
意識の有無:なし
自発呼吸の有無:なし
入院の必要性:なし(治療後休憩が必要)
回復するまでの時間:遅い

無痛セラミック
治療の流れ

当院では、静脈内鎮静法を使って無痛でセラミック治療・セラミック矯正を行うことが出来ます。ご希望の方はカウンセリング時にお申し出ください。

  • 01

    無料カウンセリング

    まず最初は無料カウンセリングでご来院いただきます。当院では、レントゲンを撮影し、審美歯科の臨床経験が30年以上の院長がカウンセリングを行います。「歯医者が怖い」「歯を削る音が嫌」だけではなく、その他ご要望がありましたらその際にお気軽におっしゃってください。当日、セラミック治療やセラミック矯正、静脈内鎮静法など最適な方法をご提案し、お見積もりもお渡ししますのでお持ち帰りいただきご検討いただければと思います。

    カウンセリング
  • 02

    検査

    カウンセリングの結果によっては当日に検査を行うこともあります。お口の写真などを撮影し、治療に必要な資料を集めていきます。

    検査
  • 03

    静脈内鎮静+治療

    ここからセラミック治療が開始します。まずは、歯茎に表面麻酔を行い感覚を鈍くします。表面麻酔が効いてきたら局所麻酔を行い、静脈内鎮静を実施します。鎮静効果が見えてから治療を開始していきます。歯を削り、場合によっては神経を除去し、歯型を採り、セラミック専門の技工所へ発注します。

    静脈内鎮静
  • 04

    仮歯の装着

    いきなりセラミックを装着するわけではなく、仮歯を装着して数日間過ごしていただきます。

    仮歯の装着
  • 05

    本装着+最終確認

    仮歯に問題がなければ、問題なければセラミック専門の技工所へ発注し、届き次第セラミックを本装着します。セラミックの被せ物が到着するには1~2週間ほどがかかります。

    セラミック歯装着後の最終確認

その他、更に詳しく知りたい方はこちら

過去のお知らせ・コラム