歯のクリーニングに通う頻度は?

歯の黄ばみは生活習慣に由来することが多く、一度クリーニングを行ったからといって、白い歯が永久的に持続するわけではありません。定期的に歯のクリーニングを受けることで初めて、白くて美しい歯を維持できるのです。今回はそんな歯のクリーニングに通う最適な頻度についてわかりやすく解説します。

PMTC

3ヶ月に1回程度が理想
歯のクリーニングは、定期検診と一緒に受けるのが良いです。むし歯や歯周病を発症していないかを調べるのと同時に、歯のクリーニングまで行えば、お口の健康管理も万全となります。そんな歯科の定期検診は、3~6ヶ月に1回程度が適切と考えられています。ただ、歯の黄ばみもしっかり抑えたいのであれば、3ヶ月に1回程度の頻度が理想といえるでしょう。

高頻度に通っても弊害はない?
人と接する機会が多い職業の方などは、もっと頻繁に歯のクリーニングを受けたいと考えているかもしれませんね。例えば、毎月1回は歯をキレイにお掃除したいと希望される方も少なくありませんし、それ自体とくに大きな問題はありません。歯のクリーニングは、あくまで歯面の汚れをブラシで取り除く処置なので、歯質に対するダメージは皆無に等しいです。1ヶ月に1回のペースで歯のクリーニングを受けていただいても何ら問題はありません。

  
ホームケア

歯が黄ばみやすい人は頻度を高めに
コーヒーや紅茶などの嗜好品を毎日飲まれている方は、歯が比較的黄ばみやすくなっています。おそらくご自身でも気になっていることかと思いますが、これらの摂取は気分のリフレッシュにもつながるため、なかなかやめることができませんよね。ですから、そうした場合は、歯のクリーニングに通う頻度を少し高めにしていただいた方が良いかと思います。

このように、歯のクリーニングに通う頻度は人によって異なりますが、一般的には3~6ヶ月に1回程度です。定期検診のついでに受けると、患者さまのご負担も小さくなります。