市販のホワイトニング歯磨き粉との効果の違い

「ホワイトニング」という名称は、いろいろな製品や施術法に用いられていることから、混乱している人も少なくありません。特に市販のホワイトニング歯磨き粉に関しては、手軽に手に入れることができるため、わざわざ歯科医院で施術を受ける必要はないのでは?と思われる方もいらっしゃることでしょう。今回はそんな市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科医院のホワイトニングの違いについてわかりやすく解説します。

ホワイトニング歯磨き粉に漂白作用はない

ホワイトニング


市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科医院のホワイトニングとの決定的な違いは、漂白作用の有無です。歯科医院で受けるホワイトニングは、漂白作用によって歯の内部の汚れを分解、除去しますが、市販のホワイトニング歯磨き粉にはそうした効果が期待できません。一般的な歯磨き粉と同様、歯の表面に付着した汚れを取り除くことしかできないのです。

 

しつこい着色汚れを落とせるのは歯科医院のホワイトニング

ホームホワイトニング


毎日の歯磨きで落とすことのできない着色汚れは、市販のホワイトニング歯磨き粉を使っても改善できません。そこで気になるのがホワイトニング歯磨き粉の効果や成分ですよね。市販のホワイトニング歯磨き粉には、研磨剤が豊富に含まれています。また、歯の表面に付着した汚れをはがしたり、分解したりする効果も期待できることから、通常の歯磨き粉より着色汚れが落としやすくなっているのです。ただし、繰り返しにはなりますが、歯の内部に沈着した汚れに対しては、ほぼ効果がないと言っても過言ではありません。

市販のホワイトニング歯磨き粉による弊害

費用

製品の種類にもよりますが、研磨剤が豊富に含まれている歯磨き粉は、取り扱いに注意しなければなりません。強く磨きすぎると、歯を傷つける恐れがあるからです。その点、歯科医院のホワイトニングは、歯科医師の指導のもと行われるため、安全性も保証されています。

このように、市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科医院ホワイトニングには漂白作用の有無という決定的な違いがあります。その点に注意して、最善といえる方法を選択しましょう。