ホワイトニングの白さはどれくらい続く?

ホワイトニングで歯の黄ばみが改善されても、長続きしなければ意味がありませんよね。施術後、数日や数週間で元の色の戻ってしまうのであれば、その他の治療法を検討したが法が良いといえます。そこで今回は、ホワイトニングの白さがどのくらい続くのかをわかりやすく解説します。

オフィスホワイトニングの持続期間

ホワイトニング


オフィスホワイトニングによって白くなった歯は、3~6ヶ月程度持続します。持続期間に大きな開きがあるのは、患者さまそれぞれの歯質が大きく異なるからです。また、施術後の生活習慣によっても、ホワイトニングの持続期間は大きく変動します。

 

ホームホワイトニングの持続期間

ホームホワイトニング


ホームホワイトニングの持続期間は、6~12ヶ月程度です。オフィスホワイトニングよりも持続期間が長いのは、じっくり時間をかけて歯を白くしていくからです。ホームホワイトニングでは、過酸化尿素からなる比較的弱い薬剤を使用するので、歯質の内部まで作用を行き届かせやすいのです。明らかな効果が認められるまでに2週間程度かかりますが、色の後戻りもしにくくなります。

ホワイトニング効果を延ばす方法

ケア

ホワイトニング後に着色しやすい食べ物や飲み物を控えることで、その効果を持続させやすくなります。また、オーラルケアに気を遣うことで、着色性の汚れも沈着しにくくなります。さらに、ホワイトニング効果が薄れる時期を見計らって、追加でホワイトニングするのも有効な手段です。適切な間隔でホワイトニングを継続すれば、いつまでも白くて美しい状態を持続させるのも難しくありません。

このように、ホワイトニングの白さはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングで持続期間が異なります。できるだけ長持ちさせたいという方には、ホームホワイトニングがおすすめです。デュアルホワイトニングを行うことで、持続期間をさらに伸ばすことも可能となります。