歯科医院とエステのホワイトニングの違い

ホワイトニングに関心のある人は、インターネットなどで情報を収集してことかと思います。その際、混乱を招きやすいのがエステのホワイトニングです。エステサロンでもホワイトニングできるのであれば、その他の美容のついでに施術を受けた方が楽かもしれない、と感じるかもしれません。けれども、歯科医院とエステのホワイトニングには、決定的な違いがあることを知っておいてください。

エステのホワイトニング剤を使用できない?

ホワイトニング


当然ですが、エステサロンに歯科医師は勤務していませんよね。施術を行うのは、美容に関する資格を有した人であり、医療従事者ではないという点をまずご理解ください。そして、漂白作用のあるホワイトニング剤をお口の中に施すことができるのは、歯科医師や歯科衛生士といった特別な国家資格を有した人に限定されているのです。つまり、エステサロンのホワイトニングは、いわゆる“オフィスホワイトニング”とは全く異なるものといっても過言ではないのです。

歯科医院のホワイトニングは、漂白剤を作用させることで歯質内部の汚れを化学的に分解・除去します。一方、エステサロンのホワイトニングは、歯の表面に付着したステインの除去にとどまります。これはどちらかというと、歯のクリーニングに近いといえます。ですから、エステサロンのホワイトニングでは、歯の黄ばみを根本から改善するのは不可能なのです。

安全性の違い

ケア

歯科医院とエステのホワイトニングでは、安全性にも違いがあります。歯科医院のホワイトニングは、歯科医師の監督下で行われるため、医療事故の防止はもちろんのこと、何か起こった際にも迅速に適切な処置を受けることができます。一方、医療従事者のいないエステサロンは、安全面において劣るといっても間違いではありません。

このように、歯科医院とエステサロンのホワイトニングは、いくつかの違いが存在します。その違いを理解した上で、施術を受けるようにしましょう。