ホワイトニングに痛みはある?

歯の黄ばみを大きく改善できるホワイトニングですが、施術に伴う痛みを心配されている方も多いことでしょう。漂白剤を使うという点も歯や歯茎に何らかのダメージが及ばないか不安に感じているかもしれませんね。今回はそんなホワイトニングに伴う痛みや不快感についてわかりやすく解説します。

ホワイトニングに痛みは伴わない

ホワイトニング


オフィスホワイトニングにしろ、ホームホワイトニングにしろ、歯科医師の指導のもと行われるホワイトニング処置に強い痛みを伴うことはありません。痛みが予想されるケースで歯、そもそもホワイトニングを適応しないからです。ホワイトニングでは、治療を開始する前に必ず口腔内診査を行うのはそのためです。ただし、患者さまの歯の状態によっては、一時的な知覚過敏が生じることもあります。

知覚過敏とは、冷たいものを口にした時に歯が「キーン」としみるあの症状です。正式には「象牙質知覚過敏症」と呼ばれるもので、エナメル質に亀裂が入ったり、摩耗や咬耗で歯質がすり減ったりしている場合に起こりやすいです。ホワイトニングによって漂白剤を作用させた時には、エナメル質の見えない傷などから象牙質へと刺激が伝わって、知覚過敏になることがあります。とはいえ、あくまで一時的な症状なのでご安心ください。

 

ホームホワイトニングは大丈夫?

ホームホワイトニング


患者さまご自身で施術していただくホームホワイトニングでは、比較的弱い薬剤を使用することから、痛みはもちろんのこと、知覚過敏も起こりにくくなっています。歯科医師の指示通りに施術すれば、不快な思いをすることはありません。

まとめ

ケア

このように、歯科医院で行っているホワイトニングは、基本的に痛みを伴うことはありませんのでご安心ください。歯を削る必要もなく、手軽に本来の白さを取り戻すことが可能です。仮に知覚過敏が生じたとしても、その症状を改善する方法がありますので、お気軽にご相談ください。