ホワイトニングで歯が白くなる理由

ホワイトニングは、専用の薬剤を歯面に作用させることで、歯の黄ばみを改善することができます。今回はそんなホワイトニングによって歯が白くなるメカニズムや理由をわかりやすく解説します。

漂白作用のあるホワイトニング剤を使用

ホワイトニング


歯科医院で受けるホワイトニングには、歯を漂白する作用が期待できます。オフィスホワイトニングは過酸化水素、ホームホワイトニングは過酸化尿素といったように、構成する成分に多少の違いはありますが、漂白剤であることに変わりはありません。ちなみに、エステサロンなどで受けるホワイトニングでは、漂白効果のある薬剤を使用することができません。

 

歯の内部の汚れを化学的に分解・除去する

ホームホワイトニング


漂白作用のあるホワイトニング剤を歯面に塗布すると、内部に少しずつ浸透していきます。ブラッシングやクリーニングで落とすことのできない黄ばみは、歯の内部に沈着した汚れが原因であるケースがほとんどです。そのため、歯の内部の汚れを化学的に分解、除去できるホワイトニングを行うことで、しつこい黄ばみも効率良く改善できるのです。

クリーニングとの違いは?

費用

ブラッシングやクリーニング、エステサロンで受けるホワイトニングは、基本的に歯の表面に付着した汚れしか取り除けません。あくまで歯のお掃除であり、内部に沈着した汚れは取り除けないのです。一方、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングは、歯を削らずに内部の汚れを取り除くことが可能です。これはホワイトニングを受ける最大のメリットといえます。しかも、ホワイトニングによって歯にダメージが加わることはないため、繰り返施術することも可能なのです。

このように、ホワイトニングは過酸化水素や過酸化尿素からなる漂白剤によって歯を白くします。歯の内部に沈着した汚れを化学的に分解・除去することで、歯が持つ本来の白さを取り戻せるのです。