失った歯を放置するデメリットについて

むし歯や歯周病、外傷などによって失った歯は、何らかの方法で補う必要があります。何もせずそのまま放置すると、さまざまな悪影響が生じるからです。ここではそんな失った歯を放置するデメリットについて解説します。

そしゃく能率が落ちる

インプラント

当然ではありますが、歯の本数が減ると、食べ物を噛む効率が落ちます。そしゃく能率が低下すると、一部の歯や顎の関節に過剰な負担がかかり、歯の破折や顎関節症などのリスクが上昇します。

 

歯並び・かみ合わせが悪くなる

インプラント

失った歯を放置すると、残存歯が移動を始めます。その結果、歯並びやかみ合わせが乱れていってしまうのです。これはお口全体の健康において、非常に大きなデメリットといえます。

見た目が悪くなる

治療説明

歯の色や形、歯並びの状態は、口元の審美性を大きく左右します。出っ歯や乱ぐい歯がコンプレックスとなっている人も少なくありませんよね。そのため、歯を1本でも喪失したとなると、審美性の低下は避けられません。おそらく皆さんも放置されている喪失歯には、どうしても目がいってしまうものでしょう。ですから、失った歯はできる限り早期に治療を受けた方が良いといえるのです。