インプラントのサイナスリフトとは?

インプラント治療を成功させるためには、顎の骨の状態が極めて重要となります。顎骨の幅や厚み、深さなどが不足していると、人工歯根を安全に埋め込むことができないからです。例えば、上顎骨の厚みが不足している場合は、サイナスリフトと呼ばれる骨造成法が適応されることがあります。

上顎のインプラントに適応される骨造成

インプラント

サイナスリフトは、上顎のインプラントに適応される骨造成法です。上顎骨の側面に小さな穴を開けて、骨を再生させるための材料を填入します。同様の処置にソケットリフトというものがありますが、サイナスリフトは比較的重症度の高い症例に適した骨造成法といえます。

 

骨が不足しているケースでもインプラント可能となる

インプラント

骨が不足していて、他院ではインプラント治療が難しいと診断された場合でも、サイナスリフトを行うことでインプラントを埋入できることがあります。サイナスリフトは、高度な治療技術が必要となることから、どの歯科医院でも行えるというものでもありません。ケースによっては、サイナスリフトではなくソケットリフト、あるいはGBR法が適している場合もあります。いずれにせよ、事前の精密検査が必須となります。