インプラントのソケットリフトとは?

インプラント治療では、顎の骨量が不足しているケースに対して、骨造成術を実施することがあります。ソケットリフトとは、そうした骨造成術の一種です。

上顎のインプラント治療に適応される

インプラント

ソケットリフトは、上顎のインプラント治療で、骨量が不足している場合に適応されます。上顎骨は、すぐ近くに「上顎洞(じょうがくどう)」と呼ばれる空洞が存在しており、骨量が不足していると、インプラント体が突き出てしまうことがあるのです。そうした上顎洞への穿孔は、深刻なトラブルを引き起こしかねないため、絶対に避けなければなりません。その上で、ソケットリフトは非常に有用な骨造成法といえます。

 

歯が抜けた部位からアプローチする

インプラント

ソケットリフトは、元々歯が生えていた部位からアプローチする骨造成法です。サイナスリフトのように側面からアプローチするわけではないので、歯茎を大きく切開する必要がありません。改めて顎骨に穴を開ける必要もないのです。歯が抜けて生じた穴である抜歯窩(ばっしか)に骨補填材などを填入して、骨の再生をはかります。比較的軽度の骨不足に適応される治療法です。骨量の不足が中等度以上になると、サイナスリフトなどで対応することとなります。