インプラントのスプリットクレスト

スプリットクレストとは、骨を分割して広げる治療法です。前歯にインプラントを埋入する際に適応されるもので、日本語では「歯槽堤拡大術(しそうていかくだいじゅつ)」といいます。

前歯の歯槽骨が4mmに満たないケースに適応

インプラント

スプリットクレストは、前歯部の歯槽骨が4mmに満たないケースに適応されます。前歯部の骨があまりにも薄いと、インプラントを適切に埋入することができません。その状態でインプラントオペを行うと、人工歯根の一部が骨外へとはみ出ることになるからです。そこで有用なのがスプリットクレストです。

 

顎の骨を2枚に分割する処置

インプラント

スプリットクレストでは、前歯部の歯槽骨を2枚に分割します。一般的には骨ノミをハンマーで叩いて分割しますが、超音波医療機器を用いることもあります。とてもダイナミックな処置に思えますが、実際は少しずつ圧力を加えながら慎重に行っていくためご安心ください。

分割して生じたすき間にインプラントを埋入

治療説明

薄かった歯槽骨を2枚に分割すると、適度なすき間が生じます。そこにインプラントを埋入し、骨補填材を詰め込ます。数ヶ月後には骨が増加して、インプラントも固定されます。