銀歯をセラミック歯に交換するメリット・デメリット・費用を解説

虫歯治療の際に、保険が適用されるという点を重視して、銀歯を入れる人は少なくありません。銀歯は硬くて壊れにくく、強い力がかかる奥歯にも使える有用な装置ですが、治療からしばらくして“白い歯に交換したい”と後悔する人が多いのも事実です。ここではそんな銀歯をセラミックの歯に交換するメリットとデメリット、費用などを詳しく解説します。

セラミックとは

セラミック

銀歯を白い歯に交換する治療では、セラミックが第一選択となります。歯科用陶材であるセラミックは、いわゆる“陶器”とほぼ同じ性質を備えている材料で、色調や光沢、透明度などを天然のエナメル質に限りなく近づけることができます。従来のセラミック(ポーセレン)に加え、強度が格段に向上したe-MAX、人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアなど、複数の材料から選択できます。

 

セラミック歯のメリット・デメリット

ジルコニア

セラミック歯には、以下に挙げるメリットとデメリットがあります。

セラミック歯のメリット

セラミック

1.見た目が白くて美しい
銀歯をセラミック歯に交換する最大のメリットといえます。見た目が白いだけではなく、色調や質感、光沢、透明度などを患者さま本来の歯に限りなく近づけることができます。治療後は、銀歯とは比較にならないほど見た目が美しくなります。

2.身体への親和性が高い
ポーセレンやジルコニアといったセラミックは、アレルゲンとなりにくい材料です。セラミックのみを用いたメタルフリー治療であれば、金属アレルギーのリスクもゼロとなります。

3.歯茎の変色が起こらない
セラミックは、唾液や熱で素材の一部が溶出することはありません。また、白色素材なので、メタルタトゥーのような歯茎の変色を引き起こすリスクもゼロといえます。

4.素材が軽くて歯への負担が小さい
金属と比較すると、セラミックは軽いです。銀歯をセラミック歯に交換した場合、被せ物自体が軽量化されるので、装着する歯への負担も軽減できます。

5.変色・摩耗がほとんど起こらない
セラミックは硬く、安定した材料です。経年的な変色や摩耗がほとんど起こらず、いつまで健康的で美しい状態を保てます。

6.歯との適合性が高い
セラミックの詰め物・被せ物は、銀歯よりも精密に製作することが可能です。装着する際には、特別な接着剤も用いるため、歯質との適合性が極めて高くなります。その結果、修復物の脱離が防止できるだけでなく、歯質との間に細菌侵入が起こりにくくなることから、虫歯・歯周病リスクも低下します。

 

セラミック歯のデメリット

ジルコニア

1.保険が適用されない
ポーセレンやジルコニアで作るセラミック歯は、保険が適用されません。そのため、銀歯からセラミック歯に交換するための費用が高くなりがちなので、治療を受けようか迷っている人も少なくありません。

2.強い衝撃によって割れることがある
セラミック歯は、強い衝撃が加わると割れることがあります。とても丈夫なセラミック性のお皿を床に落とした時のことをイメージすると理解しやすいです。

3.歯を削る量が多くなる
セラミック歯は、銀歯よりも割れやすい性質があるので、厚めに作る必要があります。詰め物・被せ物が厚くなるということは、歯を削る量も自ずと多くなります。

銀歯にはどんなリスクがある?

オールセラミック

銀歯をセラミック歯に交換したいと希望されている方は、審美面に意識が向いていることかと思います。金属色がむき出しになっている銀歯は、口元の審美性を著しく低下させるからです。ただ、銀歯にはそれ以外にもいくつかのリスクが存在しているのです。

金属アレルギー

ジルコニア

金属アレルギーはあくまで体質の問題なので、銀歯によって発症するかは個々人で異なります。とはいえ、銀歯は唾液によって金属イオンが溶出し、経年的な腐食・劣化が避けられない材料です。今は金属アレルギーになっていなかったとしても、将来はわかりません。銀歯を装着している限り、常に金属アレルギーのリスクにさらされ続けることとなります。

メタルタトゥー

ハイブリッドセラミックインレー

唾液によって溶出した金属イオンが歯茎に沈着する現象です。メタルタトゥーが身体の健康を直接脅かすことはほとんどありませんが、口元の審美性を大きく低下させる要因にはなります。

   

ガルバニー電流

銀歯が入った歯列でアルミホイルを噛むと、「キーン」という鋭い刺激が発生します。その現象をガルバニー電流といいます。異なる金属が接触することで起こる電流で、銀歯に伴うリスクのひとつとして挙げられます。

銀歯とセラミックどちらがおすすめ?

ここまで、セラミック歯と銀歯の特徴を解説してきましたが、どちらがおすすめであるかは、治療に何を優先するかによって変わります。以下に挙げるポイントを重視するのであれば、銀歯をセラミック歯に交換する意義も大きいといえます。

   

こんな人はセラミックがおすすめ

色調を揃える

・見た目をきれいにしたい
・金属アレルギーのリスクをなくしたい
・歯茎の黒ずみを防止したい
・虫歯の再発を予防したい


このような希望を持たれている方は、銀歯からセラミックへ交換するメリットが大きいです。

セラミックをおすすめできないケース

型取り

歯科治療に対して、何より経済面を重視するのであれば、セラミックはおすすめできません。なぜなら、一般的なセラミック治療には保険が適用されないからです。保険が適用される白い歯もありますが、それは純粋なセラミックとは異なります。とにかく見た目を白くできて、治療費を安く抑えたいという方にはおすすめの治療法といえます。

 

保険適用される白い歯の特徴と費用

ジルコニア

保険が適用される白い歯は、CADCAM冠です。プラスチックとセラミックの混合材料で専門的には「ハイブリッドレジン」と呼ばれます。純粋なセラミックとは異なり、経年的な変色や摩耗が起こります。また、歯質との適合性もセラミックより低いです。保険が適用される部位も一部に限られます。保険適用のCADCAM冠は、9,000円程度(3割負担)で製作できます。

CADCAM冠
費用相場:9,000円程度

セラミック歯の費用

メンテナンス

セラミック歯には、詰め物であるインレーと被せ物であるクラウンの2種類があります。それぞれいくつかの材料から選択でき、費用相場も異なります。

セラミックインレー(詰め物)の費用

女性悩む

◎ハイブリッドセラミックインレー
セラミックとレジンのハイブリッド材料です。オールセラミックよりも品質は低下しますが、比較的安い費用で白い歯を入れられます。
費用相場:30,000~40,000円

◎e-MAXインレー
従来のセラミック(ポーセレン)の強度を改良した材料です。美しいだけでなく、耐久性も高いです。
費用相場:40,000~65,000円

◎ジルコニアインレー
人工ダイヤモンドとも呼ばれるセラミックで、金属よりも硬い性質を備えています。強い力がかかる奥歯にも使えます。
費用相場:50,000~65,000円

セラミッククラウンの費用

歯

◎オールセラミッククラウン
セラミックのみで構成された被せ物です。審美性が極めて高く、天然歯列に調和させることができます。
費用相場:80,000~150,000円

◎ジルコニアクラウン
強度に秀でたセラミック製の被せ物です。最も強い力がかかる第一大臼歯にも使えます。
費用相場:50,000~100,000円

◎メタルボンド
表側はセラミック、裏側は金属で構成された被せ物です。審美性と耐久性を両立させることができますが、金属アレルギー・メタルタトゥーのリスクは残ります。
費用相場:80,000~150,000円

銀歯を保険の白い歯に交換できる?

ブラッシング

銀歯を白い歯に交換する場合、経済面と審美面をバランス良く追及したいという方もいらっしゃることでしょう。そこで気になるのが“銀歯を保険の白い歯に交換できるかどうか”ですよね。結論からいうと、単にきれいにしたいという理由では、銀歯を保険の白い歯に交換することはできません。銀歯の下に虫歯が再発している場合は、問題なく交換できます。いずれにせよ、検査してみなければわからないことなので、気になる方はお気軽に当院までご相談ください。

まとめ

セラミック

このように、銀歯をセラミック歯に交換する費用は、選択した材料によって異なります。ケースによっては、費用が安い保険の白い歯に交換できることもあります。いずれにせよ、銀歯とセラミック歯それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、最適な治療法を選択することが大切です。

その他、更に詳しく知りたい方はこちら

過去のお知らせ・コラム