セラミック治療の種類・値段・相場価格について解説

虫歯になると歯を削ります。削る箇所が小さければインレー(詰め物)で、削る箇所が大きければクラウン(被せ物)となります。また、審美歯科においても歯の色・歯の形・歯のサイズ・歯並びを短期間で治すセラミック治療・セラミック矯正などでもクラウン(被せ物)を使用します。
このインレー(詰め物)、クラウン(被せ物)には様々な種類があり保険適用するものしないもの、特徴、値段、相場価格など違いがあります。ここでは部位別にセラミックを中心とした詰め物・被せ物の種類・値段・相場価格などをご紹介します。

セラミック歯の特徴

セラミック

まず初めに治療には2種類があります。それは保険適用の治療と、保険外の治療です。虫歯になると歯医者へ行くと歯を削り詰めるか、虫歯が大きければ被せ物を装着します。日本では、この詰め物・被せ物で保険適用する素材は銀歯とプラスチックになります。銀歯は銀色で目立ち唾液で溶けて銀イオンとなり体内へ吸収され金属アレルギーを起こすリスクがありますし、プラスチックは汚れが着きやすく変色します。どちらも虫歯が再発するリスクが高い素材となります。
対して、セラミックは白くてキレイで、汚れが着きにくく、適合性が抜群で虫歯の再発リスクが低い素材です。 簡単にセラミックと銀歯の違いをまとめて比較すると、以下に挙げるような違いがあります。

①白くて美しい
セラミックは、色を選ぶことが出来るため、芸能人のような真っ白な歯にすることも、自分の歯(天然歯)と近い色調、光沢、透明度にして治療箇所だとバレないようにすることも可能です。金属色がむき出しの銀歯と比べると、白くて美しいセラミックは、審美性の高さが際立ちます。

②金属アレルギー症状が起こらない
セラミックがアレルゲンとなることは極めて稀です。セラミッククラウンやセラミックインレーでアレルギー症状が現れることはまずないものとお考えください。一方、銀歯には必ず金属アレルギーのリスクが伴います。理由は銀歯が唾液で溶けて銀イオンとなり体内へ吸収されるためです。

③歯と精密に適合する
セラミックの詰め物・被せ物は、歯質と精密に適合するように製作できます。また、特別な接着剤を用いることから、歯との隙間に細菌が侵入しにくいです。銀歯は熱による膨張収縮が起こったり、セメントが劣化したりすることで、適合性が低下します。そしてすき間ができ中から再発してしまいます。

④経年劣化が起こりにくい
強度が高く、安定した材料であるセラミックは、経年的な変色や摩耗などがほとんど起こりません。いつまでも美しく、健康的な状態を保つことができます。その点、銀歯は唾液によって溶けたり、噛むことが平らになったり摩耗や変形などが起こったりしやすい材料といえます。

 

前歯や奥歯など部位ごとのおすすめ

歯式

セラミックと銀歯の違いについて知っていただいた上で、歯列内の部位ごとにおすすめの材料をご紹介します。歯にはそれぞれ名前と番号が割り振られております。歯科医院では、番号で呼ぶことが多いです。

①前歯
中切歯(1番)、側切歯(2番)、犬歯(3番)の3つを前歯と呼びます。口を開けたときに一番目立つ歯になります。

②小臼歯
第一小臼歯(4番)、第二小臼歯(5番)の2つを小臼歯と呼びます。会話中はあまり見えませんが笑うと見える箇所になります。

③大臼歯
第一大臼歯(6番)、第二大臼歯(7番)、第三大臼歯(8番)の3つを大臼歯と呼びます。口を大きく開けたときに見える箇所になります。第三大臼歯(8番)は親知らずともいわれ、人により生えている箇所本数が違います。(※親知らずとはいえ、必ず抜かなければいけないわけではありません。)

前歯(中切歯・側切歯・犬歯、または1番・2番・3番)

セラミック

前歯(中切歯・側切歯・犬歯、または1番・2番・3番)は最も目立つ場所であり、会話中も食事中も笑う時も口を開けば必ず見える場所になります。つまりは、最も審美性が求められる部位であり、希望する白い歯で揃えるか、他の天然歯と違いがわからないほど透明感があり白くてキレイな素材でなければいけません。

そんな前歯にオススメな被せ物は「オールセラミック」です。オールセラミックとは、全てがセラミックで出来ており硬さは約400mpaと天然歯とほとんど同じ硬さの素材です。色見も芸能人のような真っ白から、少し黄色味がある白など希望する色見にすることが出来ます。もし前歯を保険適用で治療を行う場合は、銀歯に白いプラスチックを着けた「硬質レジン前装冠(HR)」と呼ばれる素材になります。金属を使っているので金属アレルギーリスクがあり、プラスチックなので最初は白いのですが数年で経年劣化し黄ばんできます。また歯周病で歯茎が後退してくると、中の銀歯が露出してきます。

その点、セラミックは金属も使用せず変色もありませんので、長期的に白くてキレイな歯を保つことが出来ますので、前歯に向いている素材と言えるでしょう。

 

小臼歯(第一小臼歯・第二小臼歯、または4番・5番)

セラミック

小臼歯は普通に話している分にはあまり目に触れる箇所ではありませんが、笑ったりすると見える箇所になります。もし、この4番・5番を保険適用で治療するとなると、銀歯またはCAD/CAM(キャドキャム)のどちらかとなります。
※CAD/CAMは取り扱っている医院とそうでない医院があります。

銀歯であれば言わずもがなですが、笑ったときに銀がチラッと目につきます。他人と話していて口元に銀歯があることに気がついたり、気になったりしたことはないでしょうか?大体はこの小臼歯に入っているケースです。銀歯自体のアレルギーや再発リスクなどの面もありますが、特に見た目を気にされる方は銀歯以外を選択することをオススメします。

CAD/CAMとは、CAD/CAMとは(Computer-Aided Design/Computer-Aided Manufacturing)の略称となり、キャドキャムと呼びます。CAD/CAMとは正しくはコンピュータ技術を駆使して歯を作る技法のことを指しますが、歯科医院ではこのCAD/CAM技術を用いて作った保険適用するレジン(プラスチック)とセラミックを混ぜて作ったハイブリッドセラミックのことを指します。このCAD/CAMが保険適用し始めたのはここ数年内になります。このCAD/CAMは白い素材ではあるのですが、硬さが約250mpaと自分の歯(天然歯)の半分ほどとなり、割れやすいというのが特徴です。また、プラスチックが配合されていますので水分に弱く外れやすいということや、着色し黄ばむ可能性があり、汚れが着きやすい素材となっております。また、保険適用の被せ物は作ってから2年間は再生することが出来ませんので、例えば割れたらまた作り直してもらうということは出来ないのです(保険適用しますが、銀歯より高いお値段となります)。

CAD/CAM

そんな小臼歯にオススメな被せ物は「オールセラミック」です。前歯と同様にオールセラミックが良いです。理由は前歯と同様で、白くて美しく、硬さもちょうどよく、適合性も良くて、身体にも優しい素材だからです。

以上の点からも、まず銀歯はオススメできません、CAD/CAMも最適だとは言い難いです。やはりここでもセラミックが費用面以外で最も適した材料といえます。

大臼歯(第一大臼歯・第二大臼歯・第三大臼歯、または6番・7番・8番)

オールセラミック

大臼歯はそんなに目立つ場所ではないため白くてキレイなバレにくい素材ではなくて良いという患者様も多いです。ただし、口を大きく開けて笑うと当然目立ちますし、汚れが溜まりやすく虫歯の再発リスクが高く口臭の原因にもなります。更に金属アレルギーのリスクもあることを考えると、オススメは出来ません。

大臼歯に保険適用のCAD/CAMが使える場合もありますが(試用するには条件があります)、大臼歯は噛んだ時に最も大きな力がかかる部位であり、高い耐久性が求められます。小臼歯でも外れる・割れるリスクがあるCAD/CAMを使うのは難しいと言えます。 そんな大臼歯にオススメな被せ物は「オールセラミック」または「ジルコニア」です。前歯・小臼歯と同様にオールセラミックは最適で、つまりは詰め物・被せ物はオールセラミックが全部位においてオススメということになります。ただし、オールセラミックでも噛み合わせが強い方だと割れる可能性があります。その場合は、ボトックス注射を行って筋力を緩和させるか、寝ている時はマウスピースを装着して歯と歯と接触させないようにするか、ジルコニアというより硬い素材を使うかになります。ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれ、約1,300mpaの硬さがあります(硬すぎて、噛んだ時の触れる反対側の歯=対合歯を痛める場合もあります)。

以上の点からも、まず銀歯とCAD/CAMはオススメ出来ませんので、やはりここでもセラミックが費用面以外で最も適した材料といえます。 選択肢としては保険の銀歯、保険外のe-max(強化セラミック)・ジルコニアが挙げられます。一定の条件がそろえば、保険の白い被せ物であるCAD/CAM冠を入れることができますが、強度や素材としての安定性を考慮するとあまりおすすめすることはできません。

保険の白い被せ物について

CAD/CAM

先ほどからも述べているように保険診療でもCAD/CAMと呼ばれる白い歯を製作できるようになりました。元々は小臼歯のみでしたが、条件付きで大臼歯にも適用できるなど範囲も徐々に広がっています。ただ、注意しなければならないのは、保険の白い歯は「セラミック」とは別の素材である点です。一見すると白くてキレイなので同じなのかと思ってしまいますが、CAD/CAMはレジン(プラスチック)とセラミックを混ぜたハイブリッドセラミックであり、割れるリスク・外れるリスク・着色するリスク・虫歯再発リスクがあります。そして、2年間は保険によるやり直しはききません。

上述したハイブリッドセラミックのデメリットが気にならない方はCAD/CAMを行っている歯科医院へ治療に行くことをオススメしますが、半永久的に白くて綺麗で汚れがつきにくく着色せず虫歯再発リスクが低いことを望むのであればオールセラミックを選択しましょう。オールセラミックならハイブリッドセラミックが持つ欠点をすべて補うことができます。ただし、保険は適用されませんのでご注意ください。