セラミックと銀歯の違い、おすすめの部位と料金を解説

虫歯治療では、細菌に感染した歯質を削ったあとに詰め物や被せ物などを装着します。使用できる素材にはいくつかの種類があり、部位によって適正が異なります。ここでは代表的な修復物であるセラミックと銀歯の違いを知っていただいた上で、部位ごとのおすすめをご紹介します。

セラミックと銀歯の違い

セラミック

セラミックは、銀歯と比較すると、以下に挙げるような違いがあります。

白くて美しい
セラミックは、歯科用材料の中で最も天然歯に近い色調、光沢、透明度を備えています。金属色がむき出しの銀歯と比べると、白くて美しいセラミックは、審美性の高さが際立ちます。

アレルギー症状が起こらない
セラミックがアレルゲンとなることは極めて稀です。セラミッククラウンやセラミックインレーでアレルギー症状が現れることはまずないものとお考えください。一方、銀歯には必ず金属アレルギーのリスクが伴います。

歯と精密に適合する
セラミックの詰め物・被せ物は、歯質と精密に適合するように製作できます。また、特別な接着剤を用いることから、歯との隙間に細菌が侵入しにくいです。銀歯は熱による膨張収縮が起こったり、セメントが劣化したりすることで、適合性が低下します。その結果、虫歯の再発率も高くなります。

経年劣化が起こりにくい
強度が高く、安定した材料であるセラミックは、経年的な変色や摩耗などがほとんど起こりません。いつまでも美しく、健康的な状態を保つことが用意です。その点、銀歯は唾液によって金属イオンが溶出したり、摩耗や変形などが起こったりしやすい材料といえます。

 

前歯や奥歯など部位ごとのおすすめ

ジルコニア

セラミックと銀歯の違いについて知っていただいた上で、歯列内の部位ごとにおすすめの材料をご紹介します。

前歯(前から1、2、2番目の歯)

セラミック

前歯の被せ物におすすめなのは、セラミックです。審美性が最も求められる部位であり、天然歯と同等の美しさを再現できるセラミックは、前歯の治療に最適な材料です。保険診療でも「硬質レジン前装冠」という白い歯を入れることができますが、あくまで歯科用のプラスチックです。色調や透明度は、セラミックに大きく劣ります。また、裏側はメタルで作られているので、金属色が透けて見えることもあります。

 

小臼歯(前から4、5番目の歯)

ジルコニア

小臼歯の被せ物は、保険の銀歯、保険の白い歯(CAD/CAM冠)、セラミックの3つの選択肢があります。小臼歯も比較的目立ちやすい部位であるため、CAD/CAM冠を選択する人が多いです。安い値段で白い歯を入れられる点が人気を集めています。ただし、CAD/CAM冠には以下のようなデメリットがあることから、銀歯を選択する人もいらっしゃいます。

◎CAD/CAM冠のデメリット
・強度が低い
・歯を削る量が多い
・比較的外れやすい
・隣の歯や人工歯と連結できない
・銀歯よりも値段が高い

以上の点からも、小臼歯にCAD/CAM冠が最適だとは言い難いです。やはりここでもセラミックが費用面以外で最も適した材料といえます。

大臼歯(前から6、7番目の歯)

オールセラミック

大臼歯は、噛んだ時に最も大きな力がかかる部位であり、高い耐久性が求められます。選択肢としては保険の銀歯、保険外のe-max(強化セラミック)・ジルコニアが挙げられます。一定の条件がそろえば、保険の白い被せ物であるCAD/CAM冠を入れることができますが、強度や素材としての安定性を考慮するとあまりおすすめすることはできません。

保険の白い被せ物について

ジルコニア

保険診療でもCAD/CAM冠と呼ばれる白い歯を製作できるようになりました。適用範囲も徐々に広がっています。ただ、注意しなければならないのは、保険の白い歯は「セラミック」とは別の素材である点です。

セラミックではない?

ハイブリッドセラミックインレー

保険診療の白い歯には、ハイブリッドセラミックが用いられます。歯科用プラスチックであるレジンとセラミックを組み合わせた材料で、それぞれの特性を併せ持ちます。そのため、上述したように純粋なセラミックにはないさまざまなデメリットが存在しているのです。

   

デメリットが気になる人にはセラミックがおすすめ

上述したハイブリッドセラミックのデメリットが気になる方は、セラミックを選択しましょう。セラミックならハイブリッドセラミックが持つ欠点をすべて補うことができます。ただし、保険は適用されません。

セラミックインレーの値段と相場

ここでは、セラミックインレー(詰め物)の種類と特徴、値段相場をご紹介します。

   

e-MAXインレー

色調を揃える

値段(相場)は40,000~65,000円

ジルコニアインレー

型取り

値段(相場)は40,000~65,000円

 

前歯のセラミッククラウンの特徴と値段

ジルコニア

ここでは、前歯のセラミッククラウン(被せ物)の種類と特徴、値段相場をご紹介します。

オールセラミッククラウン

メンテナンス

値段(相場)80,000~150,000円

ジルコニアクラウン

女性悩む

値段(相場)50,000~100,000円

メタルボンド

歯

値段(相場)80,000~150,000円

CADCAM冠

ブラッシング

値段(相場)9,000円程度

奥歯のセラミッククラウンの特徴と値段

セラミック

ここでは、奥歯のセラミッククラウン(被せ物)の種類と特徴、値段相場をご紹介します。

オールセラミッククラウン

女性指差し

値段(相場)80,000~150,000円

ジルコニアクラウン

セルフケア

値段(相場)50,000~100,000円

メタルボンド

メンテナンス

値段(相場)80,000~150,000円

CADCAM冠

マウスガード

値段(相場)9,000円程度

当院のセラミック治療の値段

セラミック

最後に、当院のセラミック治療の値段を掲載します。

クラウン(被せ物) 80,000円
インレー(詰め物) 40,000円
ラミネートベニア  60,000円
セラミック矯正   300,000~500,000円

詳細についてはお問合せください。

このように、治療する部位によっておすすめできる材料は異なります。セラミックにもいくつかの種類がありますので、患者さまそれぞれで最善といえるものを選ぶことが大切です。そんなセラミック治療に興味のある方は、いつでも当院までご相談ください。個々のセラミックの値段についても詳しくお伝えします。