歯がボロボロになってお困りの方へ

虫歯は自然に治らない病気です。治療を受けずに放置したり、治療を中断してしまったりすると症状がどんどん悪化して歯がボロボロになります。そうなると余計に歯科への受診をためらったり、治療を再開できなかったりするものです。とくに次に挙げるような理由で虫歯治療を先延ばししてしまう方が多いといえます。

・いきなり歯を削られて怖い思いをした経験がある
・歯を削る時の振動や音、消毒薬の臭いが苦手
・過去の治療で不満が残った
・歯がボロボロなので治療費も高くなりそう


歯科治療へのこうした不安感や不信感は、歯科医院側に責任があるといえます。歯科治療はお口の中というとてもデリケートな部分に外科的な処置を加えるものであり、事前の十分なヒアリングと説明が欠かせません。それを怠ってしまうと患者さんは「考えていた治療と違う」「こんなに削られるとは思わなかった」などの不信感を抱くことでしょう。

当院では患者さんにそのような思いをさせないよう、治療前のカウンセリングに力を入れております。患者さんがどのようなことで困っているのか、どのような治療を希望しているのかをしっかりヒアリングした上で、最善といえる治療法をご提案し、わかりやすくご説明します。

ボロボロになった歯の治療

歯がボロボロ

歯がボロボロになるまで虫歯を放置してしまった方は、きれいに治すことはもうできないものだと考えがちです。けれども実際は、ボロボロになった歯でもていねいに虫歯を取り除き、土台と被せ物を製作することで治療することが可能です。選択する材料によっては、天然歯そっくりに仕上げることも難しくありません。

ボロボロになった歯の治療は、処置に伴う痛みも強そうで不安な方も多いことでしょう。「たくさん削られそうで怖い」「歯茎に麻酔を打つ時の痛みが苦手」「虫歯が深いので痛みも強そう」など、歯科治療への苦手意識がさらに強まっているかもしれません。この点は治療技術や治療器具の進歩が解決してくれます。

最近では、麻酔を打つ時の痛みや歯を削る時の不快感を最小限に抑える方法がありますので、ボロボロになった虫歯でも安心して治療を受けられます。また、「ボロボロになるまで放っておいたら歯医者さんに叱られる」と心配される方もいらっしゃいますが、当院ではそのような対応をとることは絶対にありません。なぜなら、虫歯を放置してしまう患者さんのお気持ちもよく理解できるからです。むしろ、そうした患者さんに対してはより慎重に、より痛みの少ない歯科処置を実施するよう心がけております。患者さんが安心・快適に治療を受けられる環境を整えております。

 

最善な治療を一緒に考える

歯式

歯医者さんが嫌いであったり、虫歯治療が苦手であったりするわけではないけれど、ボロボロになった歯を見られるのが恥ずかしい、という方もいらっしゃいます。この点もご安心ください。私たちは日々たくさんの患者さんの歯科診療に当たっております。患者さんの口腔ケアの状態や生活習慣によっては、お口の中が不衛生になってしまっているケースも珍しくありませんが、それで人柄を判断することはありません。どんな方でもお口の中に問題を抱えているものです。医療従事者であるわたしたちは、それをいかに解決するかに全力を注ぎます。

歯科を受診するということは、お口の中に何らかのトラブルを抱え、勇気を出してご来院いただいているものと考えております。そうした患者さんの思いを受け止めるためにも、私たちは検査・診断・治療に至るまで、最善を尽くすよう努めております。長い間、虫歯を放置して歯がボロボロになってしまった場合でも、お気軽に当院までご相談ください。どのような状態であっても、必ず解決方法が見つかります。

ただ、ボロボロになった歯の治療は、少し時間がかかります。軽度の虫歯であれば、病変をドリルで削ってコンポジットレジンを詰めるだけで完了するのですが、歯冠が崩壊したり、歯の神経が死んでしまったりしている虫歯は、数ヶ月の治療期間を要することもあります。ですから、ある程度の根気が必要となる治療となりますので、無理をしない程度に頑張っていきましょう。こちらも無理のない治療計画を立てて、患者さんのご負担を最小限に抑えつつ治療を進めてまいります。

また、歯がボロボロになっているケースでは、虫歯に加えて歯周病も併発していることが多いです。歯周病が重症化すると、歯茎や顎の骨が破壊され、歯を支えきれなくなります。その場合は、抜歯を避けることができなくなるので、できるだけ早期に治療を開始することをおすすめします。

虫歯で歯がボロボロになると、恥ずかしくて口を開けられない、笑顔を見せたくない、といった感情から性格もどんどん暗くなっていってしまう方も少なくありません。食事も美味しく食べられなくなり、生活の質そのものが低下します。そんな残念な事態を避けるためにもボロボロになった歯はできるだけ早く治療します。もちろん、治療の選択肢はたくさんありますので、患者さんにとって何が最善の方法かも一緒にじっくり考えていきましょう。

治療計画を基にしたカウンセリング

治療計画

歯科治療は、外科的な処置が主となります。歯茎に麻酔注射を打つ、歯をドリルで削る、歯茎をメスで切除するなど、いずれも外科手術のような性質を持った処置といえます。それだけに、治療前の心の準備というのはとても重要となります。

例えば、十分な説明がされないままいきなり麻酔を打たれたり、歯を削られたりした経験がある方は、それだけで歯科治療が苦手となってしまうことでしょう。実際、ひと昔前まではそのような治療が平然と行われていたのですが、現状は大きく変わっています。

治療の説明をていねいに行い、患者さんの同意を得る「インフォームドコンセント」が当たり前となった今では、そうした怖い思い・不快な思いをすることはまずありません。とくに当院では検査結果や治療計画の内容をわかりやすくていねいに説明することを心がけております。不安に思うことや疑問に思うことがあれば、どんなことでも構いませんのでお気軽にお尋ねください。患者さんに心からご納得いただけるまでご説明します。

治療が始まったあともていねいな説明は欠かしません。これからどのような処置を行うのか、一つひとつの処置の意味・目的も含めて、その都度わかりやすくご説明します。とくに治療にかかる時間や治療に伴う痛み・リスクについては患者さんも詳しく知りたい点であることでしょう。処置にかかる時間がわかっていれば、痛みや不快感を我慢しなければならない時間の目安も知ることができます。そうした患者さんのお気持ちを一つひとつ汲み取った優しい歯科治療に取り組んでおります。

 

保険診療と自費診療の違い

違い

歯科も医科と同様、保険診療と自費診療の2種類があります。保険診療では、患者さんの費用負担が1~3割となるため、治療費を抑えることが可能です。ただ、使用できる素材や治療法には制限がかかるので、審美性・機能性・耐久性などを追求することは難しいです。例えば、奥歯の虫歯治療のあとには銀歯を入れることになります。

一方、自費診療では使用する素材や選択できる治療法に制限がありません。費用負担は10割となりますが、虫歯の再発リスクが少なく、長持ちして、より美しく、より噛みやすい人工歯を作ることが可能です。経済性を重視しないのであれば、自費診療の方が適しているといえます。

こうした診療の形態は、治療を開始する前に決める必要があります。途中で保険から自費に変更することはできませんのでご注意ください。当院では「最高のお口元を実現させる」ことをコンセプトにしているため、再発リスクを抑えて安全で長く美しくを可能とした最高のお口元を実現させるセラミック治療を専門としています。そのため、当院では保険診療を行っておりませんので、ご了承ください。

ボロボロになった歯の治療の進め方

ボロボロの治療方法

STEP1 お口の中のお掃除
歯がボロボロになっている患者さんは、お口の衛生状態が悪くなっています。まずは歯垢・歯石を取り除き、口内環境を整えます。

STEP2 根管治療・歯周病治療
歯がボロボロになっているケースでは、汚染された歯の神経を取り除き、根管内を無菌化する必要があります。専門的には「根管治療」と呼ばれる処置です。とても繊細な処置となることから、数ヶ月を要することも珍しくありません。歯周病が進行している場合は、歯周病治療も併せて行います。根管治療が難しい、あるいは根管治療で症状が改善しない場合は、残念ながら抜歯が適応されます。

STEP3 被せ物の製作・装着
根管治療と歯周病治療で、歯と歯茎の状態が健全になったら被せ物を製作します。抜歯をした場合は、インプラントやブリッジやで歯を失った部分を補うことになります。自費で治療する場合はセラミック製の被せ物を作ります。セラミックは天然の歯の色調・光沢・透明度・質感を忠実に再現できるだけでなく、虫歯が再発しにくい、経年的な変色・摩耗が起こりにくい、金属アレルギーのリスクがないなどのメリットがあります。

STEP4 定期検診・メンテナンス
ボロボロになった歯の治療が終わり、虫歯が完治してもそこで安心してはいけません。もともとトラブルの起こりやすい歯なので、治療後も適切なケアを継続しなければ再び虫歯になってしまいます。そこで当院では、治療後も継続的に定期検診・メンテナンスを受けることをおすすめしております。メンテナンスでは、セルフケアでは取り除けない汚れも一掃できるため、お口の環境を衛生的に保ちやすくなります。とりわけインプラントを装着した方は、「インプラント周囲炎」という歯周疾患のリスクがあることから、定期的なメンテナンスが欠かせません。

 

歯を削る音が怖い・不安な方へ

ドリル音

歯科治療が苦手な原因として、「歯を削る音が怖い」ことを挙げる人はたくさんいらっしゃいます。確かに、歯を削る時には局所麻酔が効いているので強い痛みを感じることはありませんが「キーン」という不快音はどうしても残ってしまいます。そうした切削音は、ドリルを高速で回転させることで発生するのですが、低速で回転する機器を使ったり、削り方を工夫したりすることで最小限に抑えられます。もちろん、ドリルで歯を削る以上、音や振動、不快感を完全に消すことはできませんが、当院では以下の3つの取り組みで患者さんの歯科治療への恐怖心や不快感を軽減するよう努めております。

POINT1 定期検診で虫歯を予防 POINT2 虫歯の早期発見・早期治療 POINT3 削る量を最小限に抑える

そもそも虫歯にならなければ、歯を削る必要はありません。虫歯になってしまったとしても早期に治療を開始することで不快な思いをすることも少なくなります。ある程度、進行した虫歯であっても歯科医師の技術や知識、経験が豊富であれば削る量を最小限に抑えられます。この3点を意識するだけでも、患者さんの心身への負担を大幅に減らすことができるのです。

麻酔注射が怖い方へ

麻酔

歯科治療が怖いという方は、麻酔注射が最も苦手であるケースが少なくありません。なぜなら、歯を削る際にはもうすでに麻酔が効いており、強い痛みを感じることがないからです。一方、歯茎というデリケートな粘膜に注射を打つ麻酔は、直接的な痛みを感じることが多いです。そこで当院では、以下に挙げる3つの取り組みで麻酔注射に伴う痛み・不快感を軽減しております。

POINT1 表面麻酔で歯茎の感覚を麻痺させる
麻酔処置に伴う主な痛みは、注射針による歯茎への刺激です。ジェル状の麻酔薬を塗布して歯茎の感覚を麻痺させる「表面麻酔」を施せば、注射針を刺入した際の痛みは軽減されます。

POINT2 極細の注射針を使用する
注射針は細ければ細いほど、刺した時の痛みを軽くできます。当院では歯科医院で用いられる針の中で最も細い「33G」を使用しております。

POINT3 麻酔液を温めて注入速度を一定に保つ
冷温保存された麻酔液をそのまま使用すると、体温との差が大きく、投与時の痛みが強くなります。そこで当院では、麻酔液を使用前に体温付近まで温めます。また、麻酔液の注入速度を一定に保つことで、歯茎への刺激も軽減され、より一層痛み・不快感の少ない麻酔処置が可能となります。

 

眠っている間に終わる無痛セラミック治療(静脈内鎮静法)

静脈内鎮静法

当院では、静脈内鎮静法を活用した「眠っている間に終わる無痛セラミック治療」をオプションで行っております。静脈内鎮静法とは、治療に伴う不安や恐怖心、緊張などを和らげるために行う文字通り静脈経由で鎮静剤を投与する処置です。「歯を削るのが怖い」「歯医者さんが苦手」といった歯科治療への恐怖心が強い方に適した精神鎮静法です。静脈内鎮静を行うと眠っているインプラントのような外科処置を伴う治療では、広く活用されています。

①無痛で治療を受けられる
②意識がないので恐怖心がない
③複数個所を短期間で治療できる

ボロボロになった歯の治療は痛い?治療費は高い?

どっち

歯がボロボロになってしまった人は、治療に長い期間がかかりそう、痛くてつらそう、治療費が高そうなど、いろいろな点に不安を感じていることでしょう。

そこでまず痛みに関してですが、ボロボロになった歯だからといって治療に伴う不快症状が極端に強くなるということはありません。歯を削る際には麻酔をかけますし、そもそも痛みを感じる歯の神経が死んでしまっているケースも珍しくないのです。

治療期間は残念ながら軽度の虫歯よりも長くなってしまいます。虫歯を削ってコンポジットレジンを詰める、というシンプルな治療とはならず、歯の根の治療が必須となることの方が多いので、ケースにもよりますが1ヶ月はかかるものとお考えください。場合によっては数ヶ月かかるかもしれませんが、それによってかけがえのない天然歯を残すことが可能となるのです。

治療費が不安な方は気兼ねなくご相談ください。当院では治療を開始する前のカウンセリングで、患者さんのご予算等もお聞きしております。その上で無理のない治療法をご提案します。

治療に伴う痛みや治療期間、治療費はとても重要な点ですが、それよりも大切なのは患者さんが「納得のいく治療」を受けられるかどうかです。とくに歯科治療への不安感や恐怖心が強い方は、歯科医院選びを慎重に行う必要があります。そこで是非とも意識していただきたいのが次に挙げるポイントです。

 

歯科医院を選ぶポイント

歯科医院を選ぶポイント

良い歯科医院を選ぶ上で最も重要となるポイントは「インフォームドコンセント」を徹底しているかどうかです。治療前のヒアリングをていねいに行い、治療内容もきちんと説明してくれる歯科医院を選びましょう。

最も良くないのは、患者さんの話を全く聞かない歯科医院です。これから行う治療の説明もしないですぐ処置にとりかかるような歯科医院は絶対に避けるようにしましょう。治療への不安が強まるだけでなく、そもそも適切な治療が受けられない可能性も高いです。

歯科治療は、患者さまのかけがえのない歯質を削ったり、歯茎をメスで切り開いたりするような処置がメインとなるため、歯科医師との信頼関係が重要です。歯科医師の免許を持っているからといって、誰もが公平かつ公正な診療を行えるわけではありません。とくに保険がきかない自費診療ともなればなおさらです。

そのため、カウンセリングが丁寧であることはもちろん、実際の治療でも痛みや不安、恐怖心の配慮までしっかり行ってくれる歯科医師に治療を任せるのが一番といえるでしょう。歯科治療恐怖症や嘔吐反射の症状が強い方は、笑気麻酔や静脈内鎮静法を採り入れている歯科医院がおすすめです。これらの鎮静法はすべての歯科医院で対応しているわけではありません。当院では静脈内鎮静法に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

当院のセラミック治療

どっち

最後に、当院のセラミック治療の簡単なご紹介をします。

当院は、JR御徒町駅徒歩1分にある審美歯科専門の歯科医院です。院長は審美歯科の臨床経験が30年以上あり、豊富な治療経験があります。それ以外にも、多くの患者様により良いセラミックをご提供できるよう尽力しております。

①院長が審美歯科の臨床経験が30年以上
②院長が行う初回カウンセリングが無料(レントゲン撮影も無料)
③セラミック治療は10年の保証期間
④セラミック専門の技工所と提携
④高品質で低価格なセラミック

詳細については下記の「セラミック治療の詳細はこちら」をご覧ください。

セラミック治療の症例

当院のセミラック治療の症例です。インレー、クラウン、複数本、ラミネートベニアなども対応しておりますので、まずはご相談ください。

Case1

大臼歯(6番)のオールセラミッインレー×1本

大臼歯にある銀歯(金銀パラジウム合金インレー)1本をオールセラミックインレーに変えました。銀歯を削り取り、型を取ってセラミックを装着しました。

治療前 Case1の治療前
治療後 Case1の治療後
期間
1ヵ⽉
(通院回数2~3回)
費用
44,000円(税込)

Case2

小臼歯(5番)のオールセラミックインレー×1本

小臼歯にある銀歯(金銀パラジウム合金インレー)1本をオールセラミックインレーに変えました。銀歯を削り取り、型を取りオールセラミックインレーを装着しました。

治療前 Case2の治療前
治療後 Case2の治療後
期間
1ヵ⽉(通院回数2~3回)
費用
44,000円(税込)

Case3

小臼歯(5番)のオールセラミッククラウン×2本

小臼歯にある銀歯(金銀パラジウム合金クラウン)を2本オールセラミッククラウンに変えました。

治療前 Case3の治療前
治療後 Case3の治療後
期間
1~2か⽉
(通院回数3~4回)
費用
88,000円(税込)×2本

Case4

小臼歯(5番)・大臼歯(6番)のセラミックインレー×2本

小臼歯・大臼歯にある銀歯(金銀パラジウム合金インレー)を2本オールセラミックインレーに変えました。どちらも銀歯を削り取り、型を取ってセラミックを装着しました。

治療前 Case4の治療前
治療後 Case4の治療後
期間
1ヵ⽉(通院回数2~3回)
費用
44,000円×2本

当院のセラミック治療の値段・価格

当院のセラミック治療の料金に関して

         
セラミック制作

当院では患者様に高品質で安全且つお安いセラミック治療を実現するため、下記の取り組みを行っております。

① セラミック専門の歯科技工所へ発注
② 採算度外視の患者様第一の診療体制
③ 圧倒的なセラミック制作数と大量発注により、1本当たり低価格化
④ 多様なお支払い方法の整備

当院では、
① 現金
② クレジットカード
③ デンタルクレジット
と様々なお支払い方法をご用意しております。
また当院では
デンタルクレジットの24回までの分割払いは一切の金利・手数料はいただいておりません。(当院負担)

         

※すべて税込表⽰です

審美専門の院長によるカウンセリング

                          
審美専門の院長によるカウンセリング 当院では、レントゲンを撮影し審美歯科臨床経験が30年以上の院長がカウンセリングを行います。お悩み、ご希望、ご予算等々お気軽にご相談ください。カウンセリング時に、治療計画・治療見積もりをお伝えさせていただきます。 無料
▶ 24時間Web予約 ◀
検査 セラミック治療を行う際に必要な資料を集めて検査を行います。 無料
※治療を開始される場合のみ

メニュー

セラミックセラミック セラミックの料金となります。当院ではセラミック専門の歯科技工所と提携しているため高品質で地域でも最安値のご提供が可能です。また当院は
24回まで分割払いは一切の金利がかかりません。
●被せ物(クラウン)
88,000円
→月々7,400円
(手数料0円12回払い)

●詰め物(インレー)
44,000円
→月々3,700円
(手数料0円12回払い)
セラミック複数本セットセラミック治療 セラミックの本数によってお値段が変わります。
※今だけ20%割引キャンペーン価格実施中
24回まで分割払いは一切の金利がかかりません。
6本セット
<通常>528,000円
<特別>422,400円

8本セット
<通常>704,000円
<特別>563,200円

10本セット
<通常>880,000円
<特別>704,000円

12本セット
<通常>1,056,000円
<特別>844,800円

短期間で歯並び治って白くなるセラミック矯正

今だけ当院では、オールセラミックを複数本治療される方には(上記料金表を参照)20%OFFとさせていただいております。

【注意事項】
※1 セラミック矯正6本以上
※2 ラミネートベニア、矯正治療などセラミック矯正以外は対象外

デンタルクレジットについて

VISA、JCB、mastercard.、Diners Club INTERNATIONAL、AMERICAN EXPRESS、MUFG

デンタルクレジットとは、「出費を一括でしたくない」、「できる限り少しずつお支払いしたい」、「治療は受けたいけど用意していたお金では足りない」といった方の歯科専用のローンのことです。当院のデンタルクレジットは、免許証のみでスマホで申し込んで15分で審査結果が出ます。また、当院では分割24回払い(2年間)までは金利・手数料が0円となります(当院が、金利・手数料をすべて負担いたします。)お気軽にご相談ください。

医療費控除について

医療費控除とは、患者様とそのご家族(生計を共にするご家族)の1月1日~12月31日までの1年間の医療費が一定金額を超えるときに所得控除される制度のことです。医療費控除の対象となるのは、歯科医院の保険治療・自費治療共に対象になりますし、医科やお薬代なども対象となります。

1年間の医療費総額 - 保険金等で補填された金額(医療保険や生命保険等々) = 医療費控除の額
医療費総額 - 10万円 = 医療費控除額

医療費控除額は、最大200万円までとなっております。 医療費控除は、毎年1月31日~12月31日に支払った医療費を、翌年の2月~3月に確定申告することで、医療費控除が適用されます。 課税所得、医療費控除の額により還付額は変わってきます。

その医療費控除の金額に合わせて税金が還付されるため、実質治療費が安くなるということです。

例えば、当院のセラミック6本セットの治療をご受診された場合を各課税所得金額に応じて、所得税の還付額(+住民税の減税)、そして実質治療費(治療費ー医療費控除で還付・減税される金額)を表にしています。



医療費控除の⼿続きは、お住まいの住所を管轄する税務署へ医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。
その際、医療費の⽀払いの領収証や通院にかかった交通費などについて確定申告書に添付、もしくは提⽰する必要があります。

無料カウンセリングのご予約

当院のキャンペーン一覧

キャンペーン

当院では現在2つのキャンペーンを実施しております。「セラミック複数本割」、「即決割」の2つとなります(※併用はできません)。条件が合えば誰でもお得にセラミック治療を受けることができます。

キャンペーンの詳細はこちら

まとめ

まとめ

歯科治療への恐怖心や不安感を軽減、あるいは克服する上でもうひとつ重要となるのが「患者さんからの働きかけ」です。

歯科診療では必ず最初に問診を行いますので、歯を削ることが怖い、痛みに弱い、お口の中に器具を入れられると吐きそうになるなど、不安に感じていることを歯科医師や歯科衛生士に伝えるようにしましょう。そうした患者さんからの働きかけがあれば、私たちも対応しやすくなります。

治療中に痛みや不安を感じた場合も、遠慮せずに手を挙げてください。痛みや不安感・恐怖心に配慮した処置を心がけます。治療の続行が難しければ、次回に回すことも可能です。

歯の頭の部分である歯冠(しかん)がボロボロになっても、歯根が健康であれば治療する方法もあります。また、当院では患者さんの不安や恐怖心に配慮した治療を心がけておりますので、必要以上に怖がる必要はありません。

歯科を受診するのが遅れたからといって、歯科医師が責め立てるようなこともありませんのでご安心ください。歯がボロボロになっても虫歯菌はまだ残っています。さらに放置すると、根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)や顎骨骨髄炎(がっこつこつずいえん)といったより深刻な病気へと発展しかねないため、できるだけ早く歯科を受診するようにしてください。

まだまだ歯医者さんが怖い、歯科治療が不安という方もまずは相談だけでも噛みませんので、お気軽に当院までご連絡ください。大切な歯を1本でも多く守るためにも、勇気を出して一歩踏み出しましょう。